東方神起ホタルの涙

ホタルの涙

作詞:Mami Yamada
作曲:Mami Yamada

★歌詞はコチラから

 

 

バラードはイカン…。

この時期のバラードはこわいな。

 

テンポがあって

リズムがガツガツしていたり

バァ〜ん!!!!★★って感じの

ガッツリくる曲は

アドレナリンも大放出で

2人が送り込んでくるトンパシーをペンラで受けとめて

なんだかんだとノリノリで

イケちゃうのですがぁぁぁぁ

 

 

バラードは

マズイですね。

 

それ承知で

ホタルの涙です。

 

涙よりも先に 愛し君の前に
儚く光った 真夏のホタル
最後と知らずに 抱きしめた夜が
今も残っている 残っている
好きだよ 好きだよ まだ

 

この歌詞をずっと見ていたら

ふと思った。

 

あのときも今も

ステージに対する2人の思いは変わってないんじゃないかなって。

歌を贈られて

歌詞を理解して

”儚く”の儚さとか

ホタルの持つ日本でのイメージとか

たくさん勉強をして

言葉をメロディにのせて

思いをのせて

目の前にいる真っ赤なトンペンに伝えたくて

歌ってくれる

 

(韓国にもホタルはいます★でも日本のようなロマンチックな印象とは少し違うかも…)

 

時間を気にせず過ごせた季節は
いつでも君がいたから
お互い何気ないことで笑った
愛しさ溢れ出してた
忘れられるより 忘れるくらいの
恋ならばまだ楽だった

 

チャンミンが

歌にハマっていく時のあの表情がタマランくて

ふ〜っとココロの隙間に

細く、途切れそうな、チャンミンの響きが入ってくるようで

気持ちがほぐれていく。。。

 

ね、バラードはイカンのよ。

 

最初で最後の小さな想いが
今も残っている 残っている
好きだよ 好きだよ まだ

 

ユノが

ホタルの儚さを

そぉっとそっと

ポロポロって歌ってくれて

 

『好きだよ 好きだよ まだ…』

 

切なくなってきて

どうしようもなくなってくる。

 

ぼんやりモニター見て

キレイなユノの口の中を

モニター越しにぼんやり見て

なんて愛しいヒトなんだろう…って

 

ココまで来るのに

どれくらいの努力をして

どんな思いを持って

志を持って歩んできたのかな…とかって

穴の開くほどユノの顔を見つめて

ぼんやり思う。

 

だからバラードはヤラれちゃうのよね、

そういうことまで考えちゃうから。

 

あぁ〜

もちろん妄想にも走るから

ホタルの涙の場合は

ホタルなのか

夏に去っていった恋の相手なのか

好きだよ、まだ好きだよ って思われているホタルちゃんとか

都合のいい妄想に変換して

”私はずっと好き”って思いながら

ハマったりも出来るから

別の意味で、バラードは結構好き(笑)

 

2人の歌の上手さをゆっくり堪能出来るし

歌声と2人の思いが、

ココロにゆっくり沁み込んできて

一曲終わる頃には

ふぅってため息が洩れる。

 

あの心地よさは、

アレはライブだから感じることができて

隔てるものが無くて

同じ空間にいるから感じることの出来る

空気で伝わってくる

2人のぬくもり

 

贅沢な時間。

 

 

XVコン

 

セトリは

6. Master
7. Hot sauce
8. 目隠し
9. ホタルの涙

 

『Master』で重力との限界ぎりぎりのパフォーマンスにヒヤヒヤさせられて

『Hot sauce』でオシャレなお茶目神起でまたまた目が離せなくて

『目隠しで』思いっきり翻弄されて〜

その後、『ホタルの涙』で

さわさわ〜って

ゆっくりゆっくり

沁み込ませてくれる。

 

その変わり身も

Stage Masterの2人だから

さすがのプロ仕事。

メリハリの切り替えの

置いてきぼりにさせられそうだけれど

ゆっくり迎えてくれる。

 

 

『目隠し』で、あんな目をして挑発してきていたのに

『ホタルの涙』で、儚い思いを切々と魅せてくる。

イイなぁ♡

(笑)

 

ステージの上にはステージ最強の東方神起がいて

シンプルに

それだけでいいと思う。

 

 

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

ハングル時々トン活

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事