”東方神起ライブツアー”の予想を立ててみた。

韓国 入国前の「陰性証明書」不要に

 

韓国で3日から、入国前に求められていた新型コロナウイルスの陰性証明書の提出が不要となります。

韓国に渡航する場合、これまでは入国前に新型コロナの陰性証明書の提出が義務づけられていましたが、3日午前0時から提出は不要となりました。出発地やワクチン接種の有無は条件にしていません。

ただ、引き続き入国後1日以内のPCR検査は義務づけられていて、ここで陽性が確認された場合は、7日間の隔離が必要になります。

また、ビザなしで日本人観光客らの入国を認める措置も来月(10月)31日まで延長されています。

事前に電子旅行許可を申請すれば、ビザを取得することなく渡航が可能なため、韓国政府は日本などからの観光客が今後さらに増えるものと見込んでいます。

 

logo※日テレNEWSより


 

以前のように全く抵抗なく渡韓〜 という程、

そんなに簡単なことでは無いにしても

渡韓に”ビザが不要・国内PCR検査不要”というのは

なんて素敵なニュースなのでしょう💛

10月31日まで延長〜されたということは

今後も延長が引き続きされる可能性もあるかもですね。

もう一声っ!! で、

年末まで延長されれば

『TVXQ!19thファンミ』も近からず遠からず〜な予感。

 

韓国語教室でご一緒している方の娘さんが韓国人と結婚されていて、

お孫ちゃんの顔を見に

7月下旬から韓国に2週間程、渡韓されていたのですが

ビザ取得、日本国内のPCR検査が大変だった…と聞きました。

渡航用の検査の書類が数種あったそうです。

 

それを聞いていたので

今回のニュースは希望が持てる〜。

インフルエンザと同じように

コロナウィルスとの共存の生活が

もう少し支障のないような方向に向かって欲しい。

頼むよぉ〜コロナぁぁぁぁ(T_T)

 

数年後、この時の話題を

笑って過ごせるような時代になることを願います。

 

85st に行って、シニョンさんにも会いたいな😊

 

 

日本での東方神起ライブツアーはいつかな〜♫

 

▲証券会社から出される期毎の

SMファミリー、2022年、2023年の活動展望。

 

”TVXQ!” は

名前すら無い(笑)

 

証券会社にしてみたら

若手の活動展望は株価にダイレクトに影響を及ぼすから

リサーチ必須なのでしょうね。

大御所アーティストBoA、TVXQ!の動きは”株価に影響なし”、、と

読まれているようで。 沈、、。

 

いつも、なのですが…(ーー;)

TVXQ!はこういう時は

常に予測不能のシークレット状態で、

”公開されない”というジレンマに陥る。

イベントが終わった後に公開(記載)されるのが

通常運転なので😂

仕方ない、、、

でも

気になってしょうがない(笑)

 

未来は予測不能〜 というなら

散りばめられたモノを集めて

(大胆な)予想を立ててみる。

 

 

東方神起ツアー『2023』

 

SMTOWN-TOKYOでは、

ユノソロ、東方神起のステージは

見ることが出来ず、

不完全燃焼な気分で夏が終わってしまった…

 

むむむ〜

燻ぶったこの気持を解消出来るのは

ステージしか無い!!!!😆

 

現実的に、可能性が高いステージとしたら

”東方神起ライブツアー”かな、と思う。

んじゃ、それはいつのタイミングで

開催されるのかと、

考えてみた。

(あくまでも予想ですよ〜)

 

 

思うに…

会場抑え、ツアーの構成、下準備は水面下で動きがあるからこそ

5月、6月、のファンミツアーのMCで

ユノとチャンミンは自信を持って

語れたことだと思うのです。

 

▼ファンミ初日のユノのMCです。

ユノ:
次にお会いする時には
ライブツアーができるように頑張っていきます。
これからの東方神起の活動も
たくさん期待してください。

5/7東方神起ファンミレポ 2022THE GARDEN

ユノが力強く語ってくれました🔥。

 

ファンミが進むにつれて

ユノ、チャンミンから”ツアー発言”を

頻繁に聞くようになって

来日中、ゴルフ休暇⛳(笑)の合間に

打合せが行われていたと思われる🤔

 

▼ファンミ最終日の最後のチャンミンのMC

これで今回のファンクラブツアーが終わってしまいますが
久しぶりに皆さんと楽しい時間を過ごせて本当に最高でしたが、、
何よりむなしいのは、
皆さんの愛らしい声が聞けなかったのが残念ですね。

次は絶対 ライブツアーで聞きたいと思います。
皆さんのお陰でとてもしあわせな時間でした。ありがとうございました。

ユノ、チャンミン、素敵な時間をありがとう2022ファンミGARDEN完。

 

 

SMTOWN-TOKYOでも

 

次回はですね、ぜひぜひ…
東方神起として、みなさんへカッコいいパフォーマンスを
東方神起ライブツアーで、ぜひまた見せたいですね。

8/28 SMTOWN-TOKYO セトリ・レポ

チャンミンが語っていたからね。

 

想像でしか無いけれど…

ユノはこの秋、ドラマの撮影があるでしょ!?

コロナ隔離生活も解けてユノ出番のシーン撮影も

再開されているのかな…

チャンミンはfreehug、

 

冬から本格的にツアーの練習を始めたとして

年明けには何か始まる〜

のでは無いかと目処をつけてみた😆

 

そしたら…

ツアーのお知らせは、

秋が深まる頃、

冬が始まる、人恋しい頃に〜

あっつい熱い!!!!

ツアーのチケ争奪戦🔥に巻き込まれ

年末はオチオチしてられない

寒さ忘れる冬になるのではないかと

思うのです。

 

さらに、ツアー曲、、

2022年の夏がサプライズが多すぎて

ミニアルバムの記憶が薄くなってるけれど…(笑)

去年の暮れから2月、3月にかけて

ユノとチャンミンのミニソロアルバム(8曲)がリリースされ

東方神起のミニアルバム(6曲)がリリース。

新譜は全部合わせて約20曲ほど、

+『UTSUROI』『TheReflex』

 

これだけあれば

ニューアルバム出さなくても

日本ツアーはできるのかも…

もちろんnewアルバム引っさげてのツアー!!!

がベストですが

あまり期待出来ないと言うか(笑)

3月リリースのミニアルバム、

メイン曲以外の内容の薄さが気になる。。。。

Like Snow-Whiteは好きです。ステージで聴きたい🌹)

 

コロナ拡散でアンコンが中止になったXVコン

XVのアルバムを聴くと

ステージを盛り上げるパワー曲が2、3曲、、

Hello、Crimson Saga、Guilty、ミラーズ、Jealous…

シングルでリリースした曲も含めたとしても

胸に響くバラード含む充実の全16曲、

飽きずに聴ける。

210分のステージを走り切るには十分の熱量があるのですよぉ🔥

 

今の、東方神起に提供される楽曲は…

通常アルバム、15、16曲の内容を作り上げる

アルバム企画、構成

作詞作曲の先生方のパワーを感じられなくて、、、

中身が薄くなるのなら

無理にアルバム無くても”ヨキ”…と思う。

(一消費者の素直な声です。頑張ってほしい^^;)

 

 

ファンミでユノが言ってたように

東方神起のアルバムの中で

ステージで披露していない曲が

すごくたくさんある…とユノが

話してくれたのは覚えてるのです!!!!

時を経ても錆びない

イイ曲がたくさんある。

色んな曲を聴かせたいのね〜💛

 

メイン曲はマストにしても、

たっぷり、3時間半のライブツアーなら

ソロステージを数曲入れる新しい作戦もイイなぁ

ファンは望んでいるでしょ。

構成も新鮮に感じられるし

お互い休憩できる(笑)👏👏

※おトイレタイム…(ーー;)😂

 

などなど

 

”希望的観測”込み込みですが

『東方神起ツアー2023年』

結構無理のない東方神起ツアーの

予想をしてみました。

 

これから始まる未来のことだから

どこまで現実になるかわからないけれど

”東方神起ツアー”を力説していた

ファンミの2人を思い出すと

あながち…

結構イケてる予想じゃないかと

思うのです。

 

 

ふふふ…

 

そんなコト考えているから

いつも脳みそしあわせなのよね。

推しがいる生活で

本当に良かったわ。

 

後は、

ユノからの

元気な一言を待つのみです。

 

ユノ・ユンホ

#WelcomeBackYunho
#윤호야_찐친_어디_안가고_여기있다

Tweet、画像をお借りしました。ありがとうございます。

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*'ω'*)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事