ユノとの思い出”イチャン君インタビュー”とチャンミンカバー曲

『CHECKTHISOUT』新しい画像が公開♪

▼色鉛筆がジム・キャリーしててエグい…(・・;

▼ピンク色もエグい…(笑)セットに色鉛筆入ってる〜

 

 

 

ハート♡がなかなかお口に見えなくて(笑)

そこがまた可愛い。

この子の表情がなんだかとっても儚いわ

ユノの童心にキュンとする。。

 

 

浮かぶ星エンターテイメント子役ユイ・チャン、東方神起(ユンホ)と創作した童話の本ディスアウト」公開

 

子供東亜サイトの、

『CHECKTHISOUT』イチャン君インタビュー記事です。

 

浮かぶ星エンターテイメント所属子役ユ・イチャン(11)君が東方神起(ユノ)と一緒に創作した童話を「CHECKTHISOUT」を独占的に公開した。

 

CHECKTHISOUTはユノユンホがユ・イチャンとの童話を一緒に作っていく過程を本の中に入れたウェブ芸能で子供と一緒に2泊3日間旅行を通っていたところを直接文で書いて絵を描いて本として出版した。

 

特に、ユノ・ユンホ話を進めて行った’私は末っ子の子供だった’と、愛らしい動物の感情を表現したチャンミンの’私が会った友達’と言う題目でそれぞれ童話の本を発刊した内容が先立って、SNSを通じて公開されたりもした。

 

ユイ・チャン君は1日、記者とのインタビューで、

「東方神起のCHECKTHISOUTユノ・ユンホおじさんチームに2泊3日間の絵本を作るために一緒に旅に出ました。組まれた台本なし旅行をするときごとに一日一日どんなことが起るかわからないその期待とときめきの中で撮影しました」と当時の感想を述べた。

続いて「撮影時は、夏の子なのでですごく寒かったのに優しいユノ・ユンホ叔父と興が多い(すごく楽しい)妹(ソ・イブ)と呼吸がとてもよく合って寒さも忘れるまま撮影をしました」と付け加えた。 

 

これに制作会社側は、東方神起が、撮影当時、予想できなかった絵実力とストーリー創作能力を見せてくれたし、ユ・イチャン君と呼吸がよく当たって撮影が滑らかたと評価した。

一方、浮かぶ星エンターテインメント所属の子役俳優ユイチャンは現在大橋典Qチャンネル’何か? なぜかな?’メインに固定出演中であり、KBS子どもドラマ’いろいろと歴史汽車’主人公に抜擢され、撮影を待っており、商業映画’コンクリートユートピア’にレギュラー出演後封切りを控えている。

 

logo ※子供東亜より

http://kids.donga.com/?ptype=article&no=20210901155908590166

 

 

思い出に残るお仕事になっていればいいね♪

成長過程の一瞬を、傍で見ているファンとしては

他人事とは思えない…😊

繊細な感性を秘めたイチャン君、

11歳、立派な仕事をしています。

将来有望ですね。

『愛は責任感』を直接伝授されたご本人です。

 

記事を読んで

イチャン君のインスタにコメントしたら

一言お返事いただきました…♡

律儀だわ。

 

(#^.^#)

”Thank U” 返してくれたら

涙モノだわ〜😆

 

 

チャンミンカバー曲

 

▼原曲
Nell (ネル)- 기억을 걷는 시간(記憶を歩く時間)

 

▼歌詞和訳はコチラから

https://ameblo.jp/nunablog/entry-12695559586.html

 

Nell (ネル)- 기억을 걷는 시간(記憶を歩く時間)

2008年に韓国でリリースされたアルバム『멀어지다(遠ざかる)』の一曲

Nell(ネル)は男性4人グループ、独立レーベル「spacebohemians」を設立し、活動している実力派バンド。韓国では知らない人はいない人気バンドだそうです。

(私は知りませんでした…)

 

NELL

NELLオフィシャルInstagramより

 

 

 

車とのコラボと言ったら

やっぱり思い浮かぶのは、

ユノの『Need you right now』。

と思いつつ

カバー元のNELLのMVを見て

実力派バンド というのを納得

MVは車に乗っているシーンから始まりました。

その後は、お決まりのように

ユノの声が聞きたくなって

『Need you right now』MVを聴きに行きました。

癒やされた(#^.^#)

 

 

ふと

ユノはチャンミンのことを応援しているんだろうな…と、、

カバー曲のMVに”イイね”とかしてそうだわ♡そういう人よね。

 

ユノはユノで、次の準備してるかな。

 

ゆったりした時間も持てていますように。

 

画像をお借りしました。ありがとうございます。

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事