続 ユノ『BANG!』

★2015年”T1storyコン”ユノのインタビュー

ユノ T1storyコン

東方神起ユンホ「今回のコンサート軽い意味じゃないかつてはただ歌手と良かったが、「クッキーニュース参照

 

10年間の活動の中で記憶に残る瞬間はいつですか」という質問に、ユンホは「正確に言えば、今年12月末に11周年になる」とし「10年間、東方神起という名前で、今まで活動しただけでも、感謝していると述べた。続いて「私のすべての嬉しい瞬間悲しい瞬間は多舞台の上で感じた」とし「私は知らなかった姿を発見することができた」と述べた。
また、「今回のコンサートは、私の軽い意味ではない」とし「以前にはファンが良くひたすら歌手になって良く踊ることが良かったが、今は私の舞台がある人には夢であり、希望であることを感じた」と話した。ファンが自分の舞台を見て力を受けたら良いということ。ユノ・ユンホは誰もが幸せすることができる段階では、新しい反転を示すことができるアーティストに残りたい」と所感を仕上げました。 

 

 

東方神起ユンホ「悲しみ・幸せ・ありがとうございましたすべてのステージの上にあったスポーツトゥデイ参照

ユンホは「11周年に向かっているが、東方神起に熱心してきたくることができるということにとても感謝している」と述べた。彼は「まだ多くの愛を受けてもいい。振り返ってみると、悲しく幸せと感謝していたことがすべてのステージの上にあった」とし「今回のコンサートにすべてを溶解下げるために準備した」と述べた。

 

 

ユンホ「最も嬉しかった瞬間も悲しかった瞬間も舞台の上」マネートゥデイ参照

ユンホは「過去10年を振り返ってみると、最も嬉しかった瞬間も悲しかった瞬間も舞台の上だったようだ」とし「それだけ舞台で多くのことを表出してきたが、今回の公演でも多くのことを示しささげる準備してきた」と述べた。ユンホは引き続き「あえてこのような言葉を与えることができるのが東方神起の公演は、もはや軽い意味がないようだ」とし「誰にとって私たちの舞台が夢になって希望になることができるということを感じた時間でした。公演を見多くの力なったら良いだろう。いつもの真正性に新たな反転を見せアーティストになりたい」と付け加えた。ユンホは「私たちだけの記録を継続飛び越えてみたい」とし「暖かい感じを与えることができるグループになりたい」と伝えた。

 

ユンホ「10年間東方神起として活動して感謝して幸せ」QBSニュース参照

ユンホは「東方神起は10年が過ぎ、11周年に向けて行っている。東方神起という 名前の中で、これまで長く活動できるということだけでも、あまりにも感謝している」と所感を明らかにした。

続いて「まだ多くの を受けることがうれしい。最も良かった瞬間は、ステージの上であったようだ」とし「今回の コンサートにすべてを溶解しようと準備した。軽い意味の 公演ではないようだ」と話した。

また、ユンホは「公演を見て力を受けたら良いだろう。真正性に誰もが 幸せにすることができる公演を繰り広げるアーティストに残りたい」と伝えた。 

 

 

東方神起ユンホ「舞台ですべて表出、私は知らなかった私の姿を見て」OSEN参照

ユンホは「デビュー11周年に向かっているが、10年間、東方神起のために熱心に活動してきて、まだそう多くのを受けながらきたのが感謝」と話し始めた。続いて「一番嬉しい悲しい瞬間が舞台の上であった重ねだ。舞台の上ですべてのものを表出した。私は知らなかった私の姿も多く見て、今回も多くの錆うとした」と付け加えた。
またユンホは「あえてこのような言葉をしたいのです私たちの公演は、軽い意味がないようだ。かつては歌が良く、踊りが良いような意味だったが、「どのような人には夢であり、希望日でしょね」を舞台の上に立って感じたようだだから、私たちの公演を見て多くの力を受けたら良いだろう」と述べた。
ユノ・ユンホは誰もが幸せにすることができ、真正性には、新しいことを示すことができるアーティストに残りたい。舞台の上で実践できるグループになりたい」と強調した。  

 

 

東方神起ユンホ「日で相次ぐ記録更新、運が良かったようだ」MBN star参照

ユンホは引き続い記録更新の秘法を問う言葉に「感謝する。運が良かったようだ」と謙虚な態度を見せた。彼は「これから風がある場合は、長い活動をして私たちの明かし記録をまた私達が超えてみたい」とし「時間が経っても、東方神起というグループ名が残るように努力する」と述べた。

 

 

ユンホ「今後の目標は、東方神起の記録を超えること」テンアジア参照

ユンホは「運が良かったようだ」とし「あえて申し上げたいのは一番長い活動によって私達が私達だけの記録を続け超えてみたい。それ目標ではないかと思う。時間が経っても皆さんに東方神起という名前が残ることができるようお知らせしたかった」と答えた。 

 

 

東方神起ユンホ「注目の舞台?各自の好みに合ったセクション複数姿見せる」THE STAR参照

東方神起ユンホが「T1ST0RY」で注目すべき舞台ポイントについて明らかにした。

ユンホは「これの味が異なるようだ。それだけ多くの姿を示す。コンセプトが変わり続けることが一つのストーリーを連想させるようだ。テクニックな姿、ミュージカルを連想させることを好む人もいるようだ」と説明しした。

続いて「一番ボールをたくさん入れた舞台はバンドの方々と一緒にアコースティックで生ライブステージも準備した。また、ファンに多くの今、もはや軽く感じられない。誰かに夢になることがあり、ご希望になることがあるということを感じた。真正性にファンに近づいていきたいし、幸せを与えることができるアーティストに残りたい」と付け加えた。

ユンホは今回のコンサートでは、「作詞、作曲そして編曲まで参加した「Bang」という歌も一緒に披露したとしながら東方神起との色とは異なるパフォーマンスをお見せできるよう努力をたくさんした」と述べた。

最後に、彼は「日本でいろいろな記録を立てているが、記録より長く活動をして、私たちは私たち自身を続ける超えることが目標」とし「東方神起が暖かいグループに記憶たら良いだろう」と覚悟を固めた。

 

 

BANG!

 

東方神起ユンホ、コンサートで自作曲「Bang」初公開強烈なカリスマエックスポツニュース参照

グループ東方神起ユンホが自分の自作曲「Bang」ソロ舞台を初公開した。白のジャケットを着たまま強烈に登場したユンホは、高速ビットと一緒に4人のダンサーたちと序盤のステージをクミミョ激しい「Bang」の誕生を知らせた。以後ユノは、その後、ステージの中央に出て終始余裕のあるジェスチャーで群舞を繰り広げ、ファンたちの歓呼を受けた。 

 

 

東方神起ユンホ「3日前、完成した自作曲、作詞・作曲・編曲直接」エックスポツニュース参照

ユンホは今回初めて披露したソロ曲について「作詞、作曲、編曲まで直接した。3日前に完成した。少し足りない。しかし、東方神起のコンサートで自作曲をよく披露しようと中ここだけ聞くことができる歌だ」と伝えた。  

 

 

「寀ー東方神起ユンホ「自作曲「Bang」の3日前までに完成されたスポーツトゥデイ参照

ユンホは今回のコンサートで初めてデビューした自作曲「Bang」について「作詞作曲編曲まで参加をして、3日前に完成された」とし「少し足りないが、常に毎分東方神起ツアーで自作曲を披露しようとしている心に聞いたこと分からない」と説明した。続いて彼は「ここだけ聞くことができる」と付け加えてファンの歓声を引き出した。ユノの自作曲「BANG!」は、ユノだけ強烈なパフォーマンスが引き立つ曲でパワフルで素晴らしい群舞が印象的だった。彼は東方神起とは別の華やかさを掲げ、見る人の視線を捕らえた。

 

ブログより

https://m.blog.naver.com/PostView.naver?isHttpsRedirect=true&blogId=lukeshome&logNo=220203381211&proxyReferer=

 

 

 

★『BANG!』ユノ作詞 歌詞和訳はこちら

※日本語『BANG!』の歌詞はユノ作詞の歌詞と雰囲気はほぼ同じです。

 

『BANG』:意味(英語)

ズドン[ドスン,バタン](という炸裂[衝撃]音)、強打
元気,精力,気迫,意気;((米略式))強烈な喜び,スリル,興奮
((俗))感嘆符 他…

 

 

白いジャケットに赤いグルーブ

大好きな赤、

さしずめbloodの色…!?

Midnightにバンパイヤに生まれ変わった

妖艶なロマンチックなユノバンパイヤ

何回も何回も

欲しくなる

もうすっかり中毒…♡

 

 

ユノは相変わらず最高にかっこいい(笑)。

ライブの『BANG!』があんなにカッコいいのに

それをギリギリ3日前に…

スーパースターにも程がある(笑)

 

”東方神起との色とは異なるパフォーマンスをお見せできるよう努力をたくさんした”

”ここだけで聞くことができる”

すっごいPremium感!!!!

10周年のT1storyコンで最初にお披露目されて

音源に残してくれたのは

入隊前のミニアルバム ”U KNOW Y”

日本語バージョン。

 

感慨深いな(T_T)

 

たくさんのアーティスト達の

新しい情報が毎日更新されていて

”羨ましくないよぉ…”

と言えば嘘になるけれど

 

でも

ユノの軌跡は

過去でも現在でも未来でも

毎回新しく塗り替えられていく気がするから

なんとか大丈夫(笑)

なんとかね(笑)

 

T1storyのインタビューでも言ってるように

ユノにとっては

ステージが全て、

嬉しいことも悲しいことも

すべてを昇華してくれる場所。

チンチンにとっても

やっぱり同じ思いだよ。

ステージが全て、

ステージから始まってステージで癒やされて

ステージで震えて

昇華される。

 

ユノと一緒だ!!

 

そう思うと

まだまだ頑張れそうだな(笑)

イケると思える。

 

ユノが”ステージに上がりたい”と

思う熱量、濃度、同じ温度感 で

ユノがステージに現れる日を

待ってるよ。

(#^.^#)

 

画像をお借りしました。ありがとうございました。

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事