ユノインスタ

ユノInstagramより

 

推しを愛し続けるヲタクがいる(#^.^#)

考えてみると〜

アイドルも同じ人間なので

大変だな(・・;)と思う。

年月と共にメンタルの免疫力が少し付くにしても

そんなの頼りにならない

 

特別にメンタルが強いわけではなく

”無視する”手腕を覚えたとしても

同じ人間、

打たれた数だけ

傷跡もハンパなく多い。

 

一般人なら何かあっても、ご近所あたりで噂になって

多少、肩身の狭い思いするくらいで

さらに誰でも自分の生活に一生懸命だから

他人のことを気にしている時間も無く

人の噂は七十五日(しちじゅうごにち)”って言われるように

一つの季節が終わればその噂も消えていく…

※45日だと思っていたら”しちじゅうごにち”だったのですね、

勉強になりました。はい。

 

芸能人だから大衆への影響力があり

影響力があるから芸能人なわけで

”人気”が出て、多くの大衆に受け容れられ認めてもらい

ブランドとして確立されていく。

ブランドは唯一無二なモノだから

ものまね、コピーが後続されても

ブランドは不動の価値観ゆえに

さらに強固なイメージとして永遠に続く。

 

ブランド(銘柄、英: brand)とは、ある財・サービスを、他の同カテゴリーの財やサービスと区別するためのあらゆる概念。当該財サービス(それらに関してのあらゆる情報発信点を含む)と消費者の接触点(タッチポイントまたはコンタクトポイント)で接する当該財サービスのあらゆる角度からの情報と、それらを伝達するメディア特性、消費者の経験、意思思想なども加味され、結果として消費者の中で当該財サービスに対して出来上がるイメージ総体。

 

 

東方神起のファンは

ここ2年ほど

落ち着かないね…(笑)

メンバーたった2人だけれど

10人分くらいのパワーで攻めてくるから

色々あって面白い

…としておこう(・・;)

 

30代ともなると人生が見え隠れするお年頃もあって

責任感も増し増しだから

何かある度に

ズシンと来るわね。

 

東方神起、ユノもチャンミンも

一つ一つ時間をかけて

正直に歩んできたことが

ブランドになっている。

その歩みを一緒に共有してきているから

ヲタクとしては

そのブランドを大切にしているし

”誇り”と思っているのよ(#^.^#)。

 

 

昨年から続くSMアイドルの受難、王国を屈服させたネットとメディア

 

人気アイドルを多く抱え、一時期”K-POP王国”と呼ばれていた韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメント。名が知られた大企業であればあるほど、世間を騒がせた疑惑や問題に対し、その真偽が不確かであっても、常に世間から厳しい目が向けられてしまうものだ。

 

昨年、世間では新型コロナウイルスが猛威を振るい、現在でも厳しい生活を強いられるなか、韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメント(以下、SM)に所属する一部人気アイドルたちにとって、また別の意味でも受難の年となり、それは2021年に入っても続いている。

改めて、昨年から現在までに起こっているSMアイドルたちの受難を見ていきたい。

 

※記事抜粋

東方神起 ユンホ

 

今月10日、東方神起(TVXQ)のメンバーであるユンホが、新型コロナウイルスの感染症に関する防疫ルール違反の疑いで警察の調査を受けたことが報じられた。

 

イ・スマン

 

SMの現アイドルではないが、SMの創立者であり総括プロデューサーを務めるイ・スマン。今年2月、SMの脱税容疑をつかむため、不定期に税務調査などを進める「特別税務調査」が行われたと報道された。

この税務調査は、イ・スマン総括プロデューサーと法人との取引で、法人資金流出情報をつかんだとのことだったが、SMは、この税務調査が6年ぶりの「定期税務調査」だったと伝えている。

しかしSMは、「税務調査の結果、202億1667万ウォン(約20億2000万円)の追徴金を課せられた」と発表。「納税告知書の受領後、納付期限の3月末までに追徴金を納付する予定で、今後不服申し立てを進める予定」と明らかにした。

 

***

 

上で紹介したアーティストには、ある共通点がある。

ネット暴露やメディアの報道に膝を屈してしまったという点だ。

一方的な暴露や報道では、時間が経つと連れ疑惑だけが浮き彫りになり、報道された芸能人たちにとってその悪いイメージのみ定着してしまうのが常だ。

また所属事務所のSM側が法的な対応を取ろうとしても、正式な手順を踏むとなると予想以上に時間がかかる。そして世間は、その後の結果がどうなったかに関しては、特に気にしないことも‥。

また、訴訟に関しては、相手が一般の人であれば、大手芸能事務所が一般人を脅かしているのかと批判され、訴訟しなければ、対応不足だとファンから批判されるため、なおさら慎重にならざるを得ず、芸能事務所側はかなり苦労を要する。

人気アイドルを数多く抱えているSMのような大型芸能事務所が特に頭を悩ます問題であり、この点は、気の毒と言わざるを得ない。

 

 

danmeelogo ※Danmeeより

 

 

今回のユノの件の他にも

SMエンタもいろいろあるらしく

ちょっと目にしただけでも

・レドベル:アイリーン

・EXO:チャニョル

・BoA

・NCT:テヨン

・エスパー:ジゼル

♡ユノ…♡

 

って去年から大変なのね

けっこうな案件が山積み…(・・;)

でもね、頼れるところは

所属事務所だから

本気で対応してほしいと思いつつ〜

 

 

公式の対応がどうであれ

ファンとしてできること、

ずっと応援メッセージを送り続けて

”おかえり、会いたかったよ♡”

っていつでも笑顔で伝えられるように

場所を空けて待っていたい。

 

それだけコチラ側も人生関わるほどの

深いところでヲタクしてるから

泣いたり笑ったりするんだろうけどね。

そこまでヲタクできるというのは

”しあわせ〜”だと思う今日この頃。

この不動のブランドを

愛し続ける不動のファン→これぞヲタク…♡

 

Thank you for diss
Thank you for like
Thank you for me

Thank you for dislike me

 

合言葉は

”Thank U♡”

 

この投稿をInstagramで見る

 

yunho(@yunho2154)がシェアした投稿

 

 

そして…

100の言葉より

100万ボルトのホホエミ〜♡

 

明日からまた頑張ろぉ(#^.^#)(#^.^#)!!!!!!!

 


画像、Tweetをお借りしました。ありがとうございました。

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事