CHECKTHISOUTチェ・スンウォンシェフのお店「ひかいじゅう」

『CHECK THIS OUT』 4話 のディナーを準備されたシェフ

「キングコングシェフ」!チェ・スンウォンさんの記事です。

 

「キングコングシェフ」チェスンウォンのKフード」食材韓流が真のKフード韓流」[インタビュー]

2019.08.05

「真のK-フードのグローバル化は、食品のグローバル化ではなく、食材のグローバル化にあります。 “

食べ物関連プログラムが豊作である時代だ。単においしい食べ物を食べ楽しむことではない。食材を育て直接収穫して調理して食べたり、食品を介して他の人と交流し、さらに国内でも海外でも商売に出ることもあり、食べ物商売をするこれら助けてくれている。自然これらのプログラムは、動画のチャンネルで世界に広がって私が今K-フードはK-ポップやK-ビューティー劣らず韓国文化を海外に知らせるのに努力している。

彼は現在、ソウル狎鴎亭で鉄板料理家直接運営している。ドアを開いたか二ヶ月ほどしたこの店では、様々な鉄板料理を満たすことができる。彼は料理研究家ベクジョンウォンが<路地レストラン>を通じて創業コンサルティングをするずっと前から専門団体を通じて創業店舗の営業を支援している。確かに今の料理家創業は<路地レストラン>の影響が多く、多くの創業者がベクジョンウォンの方式に好感を持っている。しかし、創業と盛業にはさまざまな方式があることを説明する。

「野球で言えばストライクゾーンにボールを入れるためには、直球もあり、カーブもあり球種があるでしょう。実際の状況に合わせて様々な方法があると見てください。材料に応じて異なり、お店の位置、メニューによっても違います。」

チェスンウォンシェフが考える料理の中で最も重要な要素は、コミュニケーションとスキンシップである。材料やレシピなどは、最も基本的なので二回説明する必要はない。特にゲストの前で調理するのが特徴である鉄板料理家の特徴らしく材料と料理を紹介し、食糧の深い造詣を見せるのはお客様には信頼性の問題だ。彼は最近、脚光を浴びているK-フードでも、このような点が重要であると力説する。

「料理自体を自慢の種、新たなのを見たという充足の心に接近し、これが横行する時代は心が痛いです。 食べ物よりは、人が先です。 同じ材料でも人によって調理方法が変わるんですよ。 しかし、さまざまなSNS(社会関係網のサービス)に料理を乗せてまるでこれを接してみなければ恥ずかしい人にする世相はちょっと違うようです。」

 

▼記事抜粋

원문보기:
https://sports.khan.co.kr/entertainment/sk_index.html?art_id=201908050000023&sec_id=540101#csidxe817b0da79effcdb0b26ce5d125c0a5 

 

 

 

チェスンウォンシェフは

ソウルで鉄板焼きのお店をされています♡

和牛もセレクトして焼きます😊

店名も日本語…☆彡

ひかいじゅう→火怪獣!?ワォ〜

※失礼しました、当て字です。

 

地下鉄3番線 狎鴎亭駅(アックジョン駅)下車

4番出口

 

 

ソウルで和牛の鉄板焼〜♪

新しい展開です。

 

この投稿をInstagramで見る

이시은(@lse15070709)がシェアした投稿

 

ユノ ノミネートの”今週のランキング”

記事になるランキングですね。

今週のお題です😁

 

死ぬ前にぜひ一度見たいスターは?

 

http://dcinside.mycelebs.com/new/vote_view.php?tidx=2299

 

 

私がまさにオールラウンダー。 歌ダンス共に、完璧な男性アイドルは?

 

http://dcinside.mycelebs.com/new/vote_view.php?tidx=2297

 

 

両方2位です。

どこまで行けるかな(#^.^#)

最終日投票日までD5

 

 

不安定な空模様ですが…

心にはいつも太陽を〜

今週も頑張りましょぉ(#^.^#)

 

 

 

画像をお借りしました。ありがとうございます。

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事