東方神起スリスリ

11月…

 

11月になると

ユノの、この歌を思い出す。

11월…그리고 (November With Love)

”11月…そして”

 

2014.02.27リリース

TVXQ 7th Album Repackage

SPELLBOUND/SURISURI/ テンス リパッケージ

に入っているユノソロ。

 

TVXQスリスリリパケ

 

アルバムを久しぶりに引っ張り出して

懐かしさに浸ろうと思ったら

あっ!!!!!!!

 

コレって

SURISURIアルバムだから

トランプ入っていたんだぁぁぁぁ(@_@)と

思い出し、

しばし時を忘れる。。。

 

 

TVXQスリスリトランプ入り。

なんて贅沢なアルバム…♡

 

もったいなくて

コレでトランプしたことなんて

一度もなくて

大切にしまっておいたから

すっかり存在を忘れていた(笑)

トランプしていたら

忘れなかったかも〜

でも万が一、遊んでいる間にカードを傷つけたりしたら

絶対後悔しそうだから

無理…アソベナイ…

もう6年も経っているから時効かな!?

年末はスリスリトランプで”神経衰弱”してみよか

神経が衰弱しそう…♡

開けたカードに目が釘付けになって

なかなかゲームが進まなそうだけれど〜

 

このカードのナイスなところは

一枚一枚に撮影した年月が入っているトコロ♡

カード右肩に年と月が記載されているから

いつの何歳の頃の2人なのかがわかる。

ヨキヨキ(#^.^#)

 

時間を忘れて年代順に並べて見たりして

ついつい遊んでしまいました

 

 

ユノソロ:11월…그리고 (November With Love)

 

作詞/김 우주(キムウジュ)、유노윤호(ユノ・ユノ)
作曲/유노 윤호(ユノ・ユノ)、 진짜 사나이(チンチャ・サナイ)

※歌詞はコチラから

 

 

ユノが作詞、作曲、編曲にも携わったソロ曲。

この曲を作曲しながらユノはより多くの自作曲を作ってみたいとのインタビューで話すなど、自信がついた曲。

Introduction

ユンホのソロ曲「11月に… そして(November With Love)」はユンホと作曲家の Real Men が共同で作曲した気負わずに聞けるヒーリングミュージックで、美しいピアノの旋律が感性を刺激し、後半部に加わる子供たちのコーラスが純粋だった愛の記憶を表現している。

 

今は、ユノ自身が

さまざまなユノをみせてくれるから

この曲を聴いてもしっくりきて、

むしろ、このような一面を持つユノを

素直に受け入れることが出来る。

 

この曲がアルバムに収録された2014年は

ユノの自作曲が東方神起の正規アルバムに収録されたのは初めて、

その時まで見せてきたユノの熱いステージからは

少しかけ離れたイメージがあったからか

とても注目された曲、

期待されていた曲。

 

 

少し早い冬の訪れに

初雪が空から舞い落ちてくるみたいに

ユノの歌声とピアノの旋律がはらり、はらり…

想いを閉じ込めたかのような

とても静かな曲、

優しい声色も

メロディも

切ない曲。

 

コンサートでは披露はされていない

 

 

 

チャンミンソロ:Heaven’s Day

 

第7集リパケの中には

チャンミンのソロ曲も収録。

チャンミンが作詞

 

Introduction

チャンミンのソロ曲「Heaven’s Day」は、ユニークな楽器構成とミニマルなトラック構成が特徴である R&Bジャンルの曲で叙情的なイントロとコーラスのハーモニーが印象的で、通常の7集に収録された「Rise … ‘に続きチャンミンが直接作詞して、再び話題を集める見通しだ。

チャンミン 大胆解禁の第一弾!!

「Heaven’s Day」のステージにどよめいた

チャンミンソロ。

 

歌もダンスも肉体も

全てを出し尽くして表現した

語り継がれるチャンミンソロのステージ。

「Heaven’s Day」。

 

歌詞も大胆なのよね〜。。。

 

▼歌詞(和訳)付きお借りしました。

 

 

 


ソウル T1STORYコン〜♫

懐かしいわ〜

チャミペンのチングさんは、熱望していたチャンミンではない被り物のチャンミンにヤラれて、OFF会での飲みの量、ピッチとも最速で、悪酔いしそうな勢いでした(・・;)

 

それもコレも楽しい思い出です。

楽しい思い出は

いつも推しと一緒です(#^.^#)

 

 

画像、Twitterをお借りしました。ありがとうございます。

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事