ユノwebバラエティ

ファン・グァンヒ、Web芸能「根来王」、3秒ごとにパンパン裂ける」3秒1パン」

 

ゴドンワンPD社団新しいチャンネル「変わりスタジオ」
ファン・グァンヒ、Web芸能「根来王」予告公開
「企業訪問消費者の代わりに直接根来」

ファン・グァンヒ続きユノ単独ウェブ芸能

 

ファン・グァンヒとゴドンワンPDが手を組んだの単独ウェブ芸能「根来王」がいよいよベールを脱いだ。

にイエンイネットワークはゴドンワンPDサタンが率いる新YouTubeチャンネル「変わりスタジオ」をオープンしてファン・グァンヒの単独ウェブ芸能「根来王」予告映像0化を公開した。

「変わりスタジオ」は、にイエンイネットワークのデジタルスタジオがヒットウェブ芸能を製作してきたゴドンワンPDの部分を迎え入れて作成された新規YouTubeのチャンネルである。今日予告編が公開された「根来王」は、ヒットウェブ芸人」とソプメン」を演出したガンギョンミンPDが引き受けファン・グァンヒの狂気テンションをそのまま込めた。

今日(31日)公開された「根来王’0話ではファン・グァンヒと製作陣の特急ケミで「3秒1パン」という修飾語にふさわしく、3秒ごとにパンパン飛び出る笑い爆弾をプレゼントして「変わりスタジオ」の華やかなスタートを知らせた。最初の出会いからファン・グァンヒと製作陣の愉快で止められない」分量根来「現場が繰り広げられ、「人間サイダー」ファン・グァンヒの始原率直な話し方が爆発した。

ファン・グァンヒの「根来王」は、あらゆる消費者の声を集めて本社に要請事項を直接根来(Negotiation、交渉)に行く」本社直接レビュー配送」コンセプトのウェブ芸能である。毎週金曜日の午後6時30分異なりスタジオで公開される。

「変わりスタジオ」は、「私たちは異なり」というキャッチフレーズが示すように格別なコンテンツを見せるという願望と良いとサブスクライバを「くれ」という意味を含蓄的に表現する。国内最上のウェブ芸能製作陣とスター出演陣が披露格別なコンテンツにグローバルチャンネルの独創的なアイデンティティを表わす予定だ。ファン・グァンヒの「根来王」に続き「情熱金持ち’東方神起ユンホの初の単独ウェブ芸能も来る8月初めに「変わりスタジオ」で公開される予定だ。

ノーギュミン記者pressgm@tenasia.co.kr

 

NAVERニュースより

 

 

…動画続き…

 

同時にお披露目をすると言うのです 。それは誰ですか?

それはユノ・ユノです

U-Know Yunho

Σ(●゚д゚●)

ユノ・ユンホウェブ芸能-コドンワンPD演出’神少ない芸能’ウォルカ。 初の単独ウェブ芸能に出演をフヮクジョム、その背景に関心が集まっている。に挑戦するウェブ芸能を8月に公開する。 人気ウェブ芸能。 Lユノ・ユンホ、デビュー後初の単独ウェブ芸能出演。 ‘ウォークマン  

ユノ・ユンホ’ワソプマン’製作陣手を組む。。 初の単独ウェブ芸能・イーデイリーフォト[・イーデイリーの金ジヒョン記者]東方神起のすべて。にイエンイネットワークス(A+E Networks)は東方神起の柳! L’情熱金持ち’ユノ・ユンホ、初の単独ウェブ芸能。 ‘ワソプマン’

情熱のマンスール’ユノ・ユンホ’ウォークマン’PDとウェブ芸能挑戦【ソウル=ニューシース]チョスチョン記者%3D東方神起のユノユンホが27日ka林ユーチューブオリジナル’アナログ・トリップのインドネシア’記者。 ユノ・ユンホ、’ウォークマン’コドンワンPDの手を握って初の単独ウェブはい。

東方神起のユノ・ユンホ、8月初の単独MC挑戦したウェブ芸能公開[マイデイリー%3パクユンジン記者]グループ東方神起のユノユンホがデビュー後、メディア企業にイエンイネットワークス(A+E Networks)は”ユノ・ユンホ

「芸能界の代表情熱」ユノ・ユノ デビュー後初の単独ウェブ芸能出演確定毎経ドットコムMKスポーツキム・ナヨン記者東方神起ユンホがデビュー後初段語企業にイエンイネットワーク(A + E Networks)は、東方神起のユノ…

 

超およろこびwww〜😂

★やっぱり”喜び踊り”はWHY?のチャンミンチュカハンダぁぁぁ!!!になるという現象😂

 

親交がありますか?

狂喜狂喜!!とりあえず2人とも親しく

題名が”発明王”

※https://gfycat.com/immediateabandonedhoneyeateryより

 

実はファン・グァンヒさんはユノ(東方神起)のファンで2011年にMBCラジオの収録に顔出しをして超嬉しそうにしていたのです〜♫だから同じwebバラエティにユノの名前が出て超歓喜乱舞したようです!!!

blog.naverより

 

トンペンネットワークも男性にも広がっているのね!

K-POP帝王TVXQ!デビュー17周年はやはりスゴいこと♫

ヨンギョンさん達もカシちゃんだったしね♡

 

 

東方神起ユンホ、少女時代スヨンのYouTubeに登場! 「ファンが子供を連れてきたときが…」

 

東方神起ユンホと少女時代スヨンの軽快なトークが話題だ。

 

少女時代スヨンの個人YouTubeチャンネルthe sootoryでは30日、シリーズ動画『チェ・スヨンの非対面トークショー』の第1回が公開された。

スヨンがリモートでゲストとトークを繰り広げるこのコンテンツで、ユンホは記念すべき第1回のゲストとして登場した。

スヨンは映像の冒頭で、「今日の(私の)服装は、ゲストの方を考えながらシックに決めて見ました。実際この方はシックというよりは、とても…情熱にあふれています」とし、「私が招待したかったあのお方、ワールドスター、情熱富豪、そして私の天敵!ユンホさんをお呼びしたいと思います」と元気いっぱいにユンホを紹介した。

スヨンは以前から、情熱的なユンホとは正反対の雰囲気を持つとして、ファンの間では「ユンホの天敵」というニックネームで知られている。

そんなスヨンに召喚されたユンホはお茶目なポーズで応答し、「話には聞いていたけど、“非対面”トークショーとは新しいね」と一言。スヨンの斬新な企画に感心した様子だ。

さらに、スヨンの「いつか対面でトークショーをするときも来てくれますか?」という質問に「もちろん、いくらでも!」と答えるユンホ。冒頭から2人の仲の良さが伝わってくる。

ユンホは今回のトークショーを通じて、自身の趣味や名言について率直に語った。

なかでもスヨンは、ユンホがマスクデザインで特許を出願したことについて興味津々な姿を見せた。ユンホは去る3月、マスクをしたまま飲み物を口に運べる“蓋つきマスク”で特許出願を行い、話題を呼んだ。

ユンホはこれについて、「まだ商品化には至ってないが、時期が時期なだけにたくさんの人から要請が来る。それで、いまは考えているところ。どんな方法が良い手助けになるかなって」と説明。誠実な一面をあらわにした。

スヨンもまた、「私は以前から買いたいと思っていて、気になっていた」とし、「私がマスクを買って寄付すれば、お互いにとても良いことだと思う」と寄付活動に対する意欲的な姿勢を見せた。

「計画は少しずつある。寄付の形で(考えている)」と続けるユンホに、スヨンは「やっぱり、あまりにも格好いいです」と感嘆の声を上げた。

2人はその後も「もし同じグループのメンバーだったら」「情熱マンスールはいつ休息をとっているのか」など、ファンの興味をそそる話題でトークを繰り広げた。

最後には、ファンに対する熱い思いも語ったユンホ。ファンから得るパワーについては、こう話している。

「ステージに立つときにスポットライトを浴びているのは僕たちだ。だけど、僕たちが輝いているのではなく、ファンをはじめとした皆さんが照らしてくれている。

ちょっと前まで小学生だったファンの方々が、いまは結婚して子供も産んで、いつの間にか家族で応援しに来てくれている姿が、僕はとても嬉しい。一緒に素晴らしい歳のとり方をしているんだと思う。僕にとっては、もうメンバーのような存在だ」

そんなユンホにスヨンは「なんだか私は、兄さんが歳をとっても、おじいさんになってもステージを続けている気がする」と口を開く。ユンホもまた「まさにそれが僕の目標のひとつだ。アーティストとして、ずっと現役でいたい」と返した。

「おばあちゃんになったら遊びに行くね」と笑顔を見せたスヨンに対して、ユンホは「きっと子供たちの手を引いて、スヨンの“郎君様”も絶対に連れてきてね」と温かい口調で伝えている。

練習生時代から親交があるユンホとスヨン。それだけに、2人が繰り広げる率直なトークは多くのファンの心を掴んだに違いない。

 

スポーツソウルより

 

和訳、ありがたいです♡

 

 

8月ですね。

本当に1年はあっという間…(・・;)

2020年後半戦に入ってます。

6月からずっと東方神起情報、ユノ情報が激しくて落ち着いていられません。。。それも突然公開される情報が多いので右往左往しています。

明日のソウルの田舎者も楽しみですし、ユノ初webバラエティも楽しみ。

”8月初めの金曜日”って8/7のことでしょうか(@_@)??

チェックです。

そしてもしかしたら第2集も…!?(あくまで噂)

ユノのお陰で、いつの間にか韓国のバラエティに精通しそう、、、

 

今月も熱〜い”情熱マンスールのユノ情報”がたくさん出てきそうですね。

コロナ対策して健康に気をつけながら

楽しみたいと思います。

 

夏バテ気をつけて下さい(#^.^#)

※画像をお借りしました。ありがとうございます。

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事