ユノ夜警日誌

BTS V、EXO ベッキョン・・’アイドルの墓場’ 時代劇ドラマに挑戦したアイドル5人

優れた演技力を持つアイドルとして、韓国ドラマ界を引っ張っている”演技ドル”。現代劇はもちろん、演技が難しいとされる時代劇でさえも、その実力を遺憾なく発揮している。

 

青春時代劇『花郎<ファラン>』が日本の放送局で始まったことで、再び注目を浴びている韓国の”時代劇ドラマ”。

トップ俳優から演技ドルまで、あらゆるスターが出演していることもあり、日本の韓ドラファンの中でも時代劇だけを”推す”人もいるほど熱いジャンルだ。

 

韓国の時代劇は主に、朝鮮時代を背景にした作品が多く制作されている。この時代ならではの伝統衣装を身にまとい、古典的な仕草や言葉遣いから、品のある凛とした姿が見られると人気を集めているようだ。

だが俳優にとって、この”古典的な仕草や言葉遣い”というのが難しいという。
これにばかり気を取られ、演技に集中できないこともあるそうだ。つまり、演技の基本をしっかりとマスターしている俳優でなければ演じることは難しい。

このような理由から、数年前は時代劇に出演するアイドルがほとんどいなかった。演技をしたがるアイドルは多かったが、時代劇に出演しようとするアイドルはあまりいなかったそうだ。

アイドルが出演する場合、演技をするという理由だけで俳優よりも注目を集めてしまう。よって、一定水準以上の演技を見せなければならないという負担があるため、出演を決心するのは容易ではなかった。

また、時代劇は中堅やベテラン俳優の出演が多いことから、彼らの演技力と比較される可能性が高いことも出演を躊躇わせている理由の1つ。実際、あるアイドルは時代劇に出演後、演技力が問題になり、激しいバッシングを受けてしまった。

手厳しい評価を受けることから、時代劇はかつて、”アイドルの墓場”と呼ばれていたそうだ。

最近では正統派時代劇よりも、様々なジャンルを混ぜて現代劇を連想させるフュージョン時代劇の方が多く制作されていることから、演技ドルや若手俳優たちも出演しやすくなったようだ。
また、真摯な姿勢で演技に臨むアイドルたちが増えており、これによってアイドルたちが俳優としての成長のために時代劇への出演をいとわないという。

厳しい目を向けられながらも、果敢に時代劇に出演した演技ドルたち。彼らは揃いも揃って、豊かな表現力で演じ切っている。その中でも特に、多くの称賛が届いた演技ドルたちがいる。

 

 

EXO D.O.(ド・ギョンス) / 『100日の郎君様』

聡明な世子イ・ユル役を演じたEXO(エクソ)のD.O.。すでに優れた演技力を披露し、”演技ドル”のトップに君臨する彼だが、意外にも時代劇に出演するのはこれが初めて。
彼は「時代劇は難しかったが、一度は挑戦してみたかった。良い経験ができた」と時代劇での演技を楽しんだよう。

劇中、D.O.ならではの重低音の声と視線の演技で唯一無二のキャラクターを作り上げた。また、皇子の衣装が良く似合うとの称賛も届いている。

 

BTS V / 『花郎<ファラン>』

BTS(防弾少年団)のV(ブイ)が唯一出演した時代劇、『花郎<ファラン>』。
劇中、ロングヘアーのかつらにヘアバンド、爽やかな韓服姿で、眩しい程の美少年ぶりを披露。

誰が来ても気付かない集中力や好奇心、かわいい笑顔を持った末っ子の花郎のハンソン役を演じた。

 

パク・ヒョンシク / 『花郎<ファラン>』

本作で「真興王が生きているなら、このようなビジュアルだったであろう」と称賛を受けた、パク・ヒョンシク。
幼い年で王の座に就いたが、母の陰に隠れて顔を見せることのないサムメクチョン(真興王)役を演じた。

韓服がよく似合うビジュアルから抜群の発音と発声で、威厳ある王の姿はもちろん、粗雑ながらも優しい”ツンデレ”男子を演じた。好きな女性には気持ちを隠さずに表現する男らしいキャラクターで、多くの視聴者から愛された。

 

EXO ベッキョン / 『麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~』

ヒロインにIUを迎え、彼女を取り巻く皇子に扮した、ベッキョン。
彼が演じた第10皇子ワン・ウンは、気持ちをそのまま表現できず、イタズラを仕掛けるような恥ずかしがり屋だ。
ベッキョンはこれを持ち前の豊かな表現力で演じ切り、ハツラツとした魅力のキャラクターに仕上げた。

 

イム・シワン /『王は愛する』

2012年に放送された『太陽を抱く月』で、ホ・ヨムの少年時代を演じたイム・シワン。凛々しい韓服姿を披露し、すでに女性視聴者のハートを射止めていた。

その後、入隊前最後の出演作『王は愛する』で、魅惑的な美しさと善良さの裏に歪んだ征服欲がうごめく、ヤヌス的な魅力を持った世子ワン・ウォンを演じた。繊細な感情演技と感情移入してしまうナレーションで好評を博している。

*****

かつては”アイドルの墓場”と呼ばれていた時代劇に挑戦し、作品を成功に収めた”演技ドル”たち。俳優としても一回りも二回りも成長を見せ、ドラマ界になくてはならない存在となった。

アイドルらしいハンサムなビジュアルと優れた演技力を持つ彼らだからこそ、時代劇の世界観に違和感なく溶け込めたのだろう。時代劇を新しい活躍の場に変えた、彼らの功績は大きい。

 

danmeelogo ※Danmeeより

 

 

時代劇〜イイですね。

”花郎(ファラン)”は、2016年12月19日から2017年2月21日まで韓国KBSで放送されたテレビドラマ。(全24回)

NHK BSプレミアムで今放送中、また盛り上がっていますね、

アマゾンプライムでも配信中です。

 

”花郎”にチングが”韓ドラ初ハマり”しています。

こうやって韓国にハマっていくのですね…

数年前のドラマですが何回見ても楽しめる😊

キャストも衣装もストーリーもハマってしまいますね。

”美しいもの”を見ていると癒やされます(笑)

個人的には…ファランはパク・ソジュンがヨキですね。

アラちゃんも相変わらずカワイイ♡

 

 

”アイドルの墓場”と言われた時代劇!!!

そんな風に言われたことがあるのですね。

でも、よく考えて見ると納得です、

演技以外の部分がクローズアップされてしまって

一歩間違えば墓場行き…

あ〜

 

逆手に取れば

素晴らしい演技をすることで

成功を手にすることが出来る♡

 

そんな事言われると

すぐに浮かんでいしまいました。。。。(#^.^#)

 

困難を物ともせず

それを超えることを常とし

その頂に見える景色を目指し

気がつけば

いくつもの栄光と賞賛を我が手中に収めつつ

さらにさらに

歩を進める輩…

 

(#^.^#)

 

夜警日誌

 

[スターキャスト]大韓民国は「ムソク病 ‘の – 」夜警日誌「現場急襲!

※2014年9月の記事です。

 

最近の最高の話題を集めているドラマ「ヤギョンクンかも」は、その中で独歩的なカリスマを披露し、女心を揺さぶっている人がいます。まさに朝鮮時代の王直属ガムチャルブ無関係」ムソク役で熱演を広げている俳優チョン・ユンホ!

稲わらを一気に斬り捨てるカリスマと女心を溶かす柔らかさで視線をひきつけて、いつの間にか、多くの人々を「ムソク病」に陥れていますね。

俳優チョンユンホ、いや、無関係’ムソク’は撮影現場でどんな感じですか? 皆さんも彼の全ての姿が気になりませんか? そんな皆さんをために’夜警日誌’撮影場に駆けつけました。 それでは今からムソクを会ってみましょうか。

私たちのムソクはどこにありますでしょうか。 撮影場のあちこちを歩き回ってみたら……あ、ここにありますね! 撮影現場で会ったムソクはスタッフと一緒においしい食事をしながら話に花を咲かせています。 ところで、髷があんなによく似合ってるなんて!

一緒に出演中の李大浩(以下率)としたカット! 二人も莫大明美を誇り、ドラマに見る楽しさを増しているです~

ここが’夜警日誌’撮影現場! いつのまにか服を着替えたムソクの姿が見えます。 素敵な負債を持ってしばらく暑さを冷やしているんです。 初の時代劇であるにもかかわらず、全然ぎこちなくないあの姿!本当に朝鮮時代からタイムマシンに乗って現れたような姿ですね!

次のシーンの撮影のために衣装室に移動しているムソク、今回は無関係のフォースが寄せられた衣装です! ところで服を着替えながらも、台本から目を離すことができないですね! あの真剣な表情が見えますか? いつも努力する姿が本当に美しいです~

毎回派手な武術を披露し、話題になっているアクションシーンです。 ただし、素敵な場面が出るためには、本当に多くの努力が必要だということ。 特に剣を使用する撮影は常に緊張状態! 怪我をすることもあるので、相手俳優と、絶え間なく和を合わせて、意見を交わすことが重要なポイントとですね。 同時間帯の視聴率1位に輝く’夜警日誌’の隠れた努力が感じられました。

カメラが回って、撮影現場には緊張感が流れています。 演技に完全に没頭した姿を見るのでしぐさ、言い方一つまでムソクそのものです。

撮影に集中した間、彼の車の中には何があるか知りたくなります。 ちょっと行ってみましょうか。

見て,彼が座った席には、手垢のついた台本と剣、そして撮影中間中間休息のための毛布が置かれています。 そのところに座って台本を読む眠る姿を想像すると、胸がわくわくしながらもムンクルしますね!

再び撮影場に帰ったらいつのまにか他の服に着替えたムソクの姿が見えますね! 青い塗布が本当によく似合うムソク。 次のシーンを向けて準備をしています。 もう撮影もそろそろ詰めの段階に入っています。

これで今日の撮影はここまで! 今日一日見ているムソク、’ジョンユンホ’は本当に努力する俳優であり、素敵な人でした。 皆さんも感じましたか。 ^^

 

最後にネイバースターキャスト愛読者の方を向けて心を込めてサインしているムソクです~ 最後に公開します~^^

家に帰る車に登りました。 いつの間に’ジョンユンホ’に戻って、やわらかい笑みを見せてくれます。 撮影場で全てのエネルギーを注ぎ込んで疲れたことだが、明るく笑いながらあいさつをします。

文/写真:SMエンターテイメント 

※NAVERTV芸能より

 

 

 

ステージが最高なんですが

求められているフィールドは

それだけでは無いですね♬

 

”アイドルの墓場”とは…

ユノとは全くの無関係のお話(笑)

自ら演じる というパフォーマンスとしては共通点もあるにしても

本業”歌手”とは違う世界で

ユノが歩んできたその頂の景色を

実際、韓国ではどのように見ていたのか…と

気になる。

 

「夜警日誌」チョンユンホ、ビジュアルは恍惚し演技は特別だった

チョン・ユンホが俳優と呼ぶに遜色ない姿で「夜警日誌」を無事に終えた。

チョン・ユンホは去る21日放映終了したMBC月火ドラマ「夜景日誌」(脚本ユ・ドンユンバンジヨウンキム・ソンヒ/演出イ・ジュファンユンジフン)で完璧なビジュアルと一層良くなった演技力で朝鮮最高の関係ムソクを消化した。

最終回でムソクはスタイリング(チョン・イル分)が地獄で大蛇の本体を破壊することができるようスタイリングを剣で刺した。スタイリングが無事帰ってきた後には、悪の枢軸サダム(キム・ソンオ分)の手下好調(ジョンオシク分)を退けたスタイリングがサダムに捕えられたドーハ(ゴソンフイ分)を入手できるように結界を壊すのに一助となった。彼は仲間たちと最後まで力を合わせサダムを退ける集中しながら、自分の役割を果たした。

 

 

サダムが消滅してスタイリングが王になって、すべてが簡単に解決された。ムソクは王になったスタイリングが司憲府首長を任せるた夜景に生きる意味を明らかにし、これをかま。幽霊を信じなかったムソクが夜警になり、また、官僚ではなく、夜警に残ることを自ら選択驚きを誘った。また、スタイリングが死神との約束で夜警ということ世界で取り除くながらムソクは歴史の中に残った最後の夜警になった。

チョン・ユンホは「夜警日誌」を通じて初めて時代劇に挑戦した。幽霊を退ける夜警を素材にした今回のドラマは、ファンタジー的要素が強く、開始前から視聴者の関心を受けた。チョン・ユンホが賃金直属ガムチャルブ関係ムソク役を引き受けたというニュースが伝えられ、彼示す時代劇ビジュアルへの関心が高かった。また、チョン・ユンホは劇が進行されるほど、ますますよく演技力でムソクの魅力を最大限に引き出した。無愛想に見えるが、どの状況でも心からこの素晴らしいムソクは起算群(キム・フンス分)が狂ったように私を走るときにも、それに対する信仰を捨てなかった。チョン・ユンホはやや低い話し方と強烈な目つきでムソクキャラクターを完成するかと、自然なアクセントの時代劇トンでムソクの感情を繊細に表現した。時代劇まで渉猟したチョン・ユンホは今回の作品を通じてジャンル問わず消化可能であることを証明した。

 

チョン・ユンホは清廉で忠実なムソク役を演じ完璧な韓服姿で一度視線を集めた。韓服を着たときや冠をかぶって塗布裾をフィ飛ばすときの格別な姿は、今になって時代劇に出演したのが惜しいほどだった。関係であるだけに、アクション演技を披露する時も多かったが、洗練されたボディにリリースする秀麗なアクションは、エレガントな感じさえ漂って視聴者をさらに引き寄せた。

 

「夜警日誌」を終えたチョン・ユンホは所属事務所を通じて

「ムソクこの人生を生きながら、本当に素敵なお友達だということを感じ、ムソク、を介して再び成長できるきっかけになった」とし「ムソクがのチュンジョンシムを人生においても一つの教訓だと考えて、すべての方に、より真正性に手を差し伸べる努力する”と所感を明らかにした。

 

 ※ニュース1KOREAより

 

2014年10月

ユノにとっては

超過密ハードなスケジュールの中で

撮影されていた『夜警日誌』

韓国10周年 アルバム『TENSE』、WORLDツアーT1ST0RYを控えていた時期

日本では、a-nation、SMTOWN、ビギのファンミ

日本のアルバム『TREE』も同時期

 

韓国と日本 移動距離、移動時間を考えただけでも

20代、入隊前とは言え

想像を絶するハードさだわ。

移動時間が唯一の睡眠時間、台本の確認時間

忙しい方が充実感を感じて頭がクリアになって

感覚が研ぎ澄まされる…

そんな事言ってる場合じゃない〜(T_T)

 

でも、やってのけるのが

チンチン達の愛するチョン・ユンホ!!!

韓国でも日本でも大絶賛(#^.^#)

ビジュアルも然り、

殺陣(たて)、「立ち回り」の美しさや

刹那の表情も

思い出すだけで夢見心地になるわ〜(笑)

 

美しいものは

時間が経っても錆びずに、しっかりとココロに残っていますね。

ふわふわぁ〜っと

久しぶりにムソク様に

癒やされてました(#^.^#)

 

Thank U です。

 

 

画像をお借りしました。ありがとうございました。

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事