麗人ユノの1/24スケジュール

1/24(日)ユノ出演スケジュール

★15:50〜  ♦📺 [SBS] 人気歌謡出演♡ EP.1078

▼ユノの手書きの掛け声!一緒に叫ぼぉ!!!!

ThankU掛け声

★22:45〜  ♦📺 [MBC] 助けてホームズ! EP.92

▼予告映像

この投稿をInstagramで見る

bbang(@bbangm)がシェアした投稿

ユノ、髪の毛茶色い

収録は少し前だったのかしらん♡

 

 

麗人ユノ♡Artist Of The Month

 

[Artist Of The Month]Billie Eilish’my strange addiction’&John Splithoff’Vices’
covered by TVXQ! U-KNOW

ダンスに降臨した舞台上の君主チョン・ユンホ

 

 

根っからの『麗人』

衰えぬ美しい麗質をそなえた男性は

眉目秀麗に凄みさえ増して

異次元へいざなうかの様に

尽きることなく

麗人ビームを配信中…(@_@)

 

そう言えば

1ヶ月前、この方は

HIP-HOP全開だったわね(・・;)

ギャップとかいうのか

裏表に存在してるのか

麗人、あまりに超人過ぎて

コチラは困惑中〜♡

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHOI JEONG SEOB(@good_js)がシェアした投稿

아티스트 오브더먼스 1월의 아티스트는 유노윤호 입니당~ㅋㅋ
즐거움과 행복함 의 연속이였어^^

アーティスト・オブ・ザ・マンス1月のアーティストはユノユンホですね〜
楽しさと幸せの連続だったよ^^

 

ディスまで抱くユンホ、18年目のロングランの秘訣

(ソウルニュース:고승아 記者)

東方神起ユンホがロングランで秘訣を自ら証明しやり遂げた。彼は、自分を置いている皮肉と嘲笑さえも歌で解放出し格別な所信と情熱を見せたのだ。

2003年のグループ東方神起でデビューして今年で18年目を迎えたユンホは去る18日、第二のソロミニアルバム「ノワール」(NOIR)を発売した。一人の男の内面の深い感情を、様々な映画のジャンルに解放したというこのアルバムはユノの人生を移したりもした。彼はアルバムの企画段階から積極的に参加し、1年余りの間、アルバム作業に没頭、自分の価値観を込めて出そうと努力した。

タイトル曲「サンキュー」(Thank U)は、このようなユノの考えがそのまま入れられた。オンライン上の皮肉と嘲笑まで自分を成長させる栄養的に三もっと素敵な姿を見せてくれるというメッセージを込めた「サンキュー」は、以前に線見えない独特の唱法で「レッスン」を唱えリンの後、「サンキューフォーディス/サンキューフォーディスライク米(Thank you for diss / Thank you for dislike me)」と歌う。「ディス」も「ありがとう」と言う姿である。

「サンキュー」だけでなく、今回のアルバムの最初の曲「タイムマシン」(Time Machine)もユノの意図が鮮明に入れられた。「目を開けて動かし、世界は変わって光のような速さで時間は流れ、また流れ流れても褪せはないこと、人生の真理か」という、ユンホが言った”有名な”フレーズが歌詞に入ったのだ。

ユンホはミュージックビデオにも、自分のメッセージを込めた。ユンホは公式YouTubeで公開された映像で、 “一人の男が黙々と自分の道を歩きながら苦しむ複数、裏切りそれと共に経験するすべてのものを男らしく黙々と表現こなすことができる、ノワール的な感じを醸し出す映画的な要素を盛り込んだ」とし「裏切りと復讐の渦の中で一人で耐えていく人物を引き受けた」と紹介した。いくつかの映画をオマージュしたストーリーテリング形式の7分をはるかに超える「サンキュー」のミュージックビデオは、単にノワールジャンルの素敵だけでなく、ユノが、これまで黙々と歩んできた人生を一本のノワールのように描き出した。

このように今回のアルバムで引き立つ点は、自分に向かって逆、すなわち「嘲笑ミーム(meme)」を盛り込んだ点である。ユンホのキャラクターがされた「情熱男」「情熱マンスール」の画像は、実際に最近まで、オンライン上で嘲笑の対象になった。デビュー以来、マサチューセッツ積極的に取り組んできたユノの真剣な姿は「笑い」のポイントとして受け入れジゴンた。過去芸能で真剣な表情で踊ったり、あるいは他のメンバーたちのダンスを真剣に見つめる姿、同僚のための「人生の真理か」と即座ラップを披露した、音楽番組の舞台で「チャンミンの誕生日のお祝いする」と叫んだこと、さらには「情熱」のいくつかの語録も「組む」で消費された。しかし、安定した「情熱」は、最終的に真剣に続き、今の代表情熱マンとしてポジティブ画像となった。

長い時間持っていたイメージのユンホは最近の記者懇談会で「私らしく表現したかった」と言う。彼は「良い話してくださる方も、良くない話してくださる方もおられるのにこれに対して感謝の表現をしてたかった、このすべてがアイデアになった」とし「自分を超えも第正攻法だと思うし、むしろ逆におもしろく、ファン(fun)に楽しんでいる」と固体所信を明らかにした。

 

このように、ユノの努力と価値観がそのまま込められた今回のアルバムは10万6000枚の販売高(21日までに、ハントチャート集計基準)をあげ、初のソロアルバムの初動(発売一週間アルバム販売量)の記録である10万4000枚を軽く跳躍した。iTunesのトップアルバム全世界19カ国1位、韓国と中国のアルバムチャート1位などの記録も相次いでいる。

いつでもどこでも情熱的に走ってきたユノは、「ディス」も栄養とした固体メンタルを見せてくれて、彼はなぜロングランをすることができるかを証明やり遂げた。10代の時、ソウルと光州を行き来しながら練習生生活をして、デビュー以来、国内はもちろん、日本で底から始めて多大な成果を収めたユンホは、チームの危機を迎えたが、これを経て、さらに硬くなった。これは18年の間に情熱に満ちていたからである。

ユンホは「ノワール」の記者懇談会で、長い期間の情熱を持つことができる点について、「私が持って生まれたのがないと思って、何よりも新しいことへの目標があるからだ」とし「新しいことは容易に得ることができず、一つ一つに最善を尽くして学ばなければならが、その中でドキドキを感じている。私は長くしたい目標のに、長くすることができる方法が何か考えてみると変化を恐れずしてみると本気を持って共感してくれないかと思う」と強調した。

seunga@news1.kr

 

  ※NEWS NAVERより

 

【ユンホ(東方神起)】ストーリーが秀逸なK-POPミュージックビデオ10選【RAIN(ピ)&JYP】

東方神起のユンホが新曲でカムバック! それに先立ちRAIN(ピ)が師匠であるJYPとコラボ! 両者に共通するのがストーリー性のある完成度の高いミュージックビデオ(MV)。そこで、90年代末から韓国音楽業界を席巻した、ドラマタイズMVの名作をご紹介。どの作品も映画を見終えたかのような完成度と満足度。

 

ユンホ(東方神起)ーThank U’


年齢制限のためYoutubeでのみ視聴可能

 

ソロとしては2枚目のミニアルバムとなる『NOIR』でカムバックした東方神起のユンホ。タイトル曲となった「Thank U」は、ネット上のディス(批判や中傷)さえも自分を成長させる糧にするという風刺の効いたリリックとリフレインが耳に残る軽快なダンスサウンド。MVはノワール映画風で、俳優イ・ジョンヒョンとのアクションバトルや、名優ファン・ジョンミンとの息詰まるロシアン・ルーレットなど見どころ満載。緊迫のドラマシーンと華麗なダンスシーンが交錯し、ユンホの歌手としての実力に加え、演技力をも見せつけるスタイリッシュな仕上がりとなっている。クエンティン・タランティーノ監督の「キル・ビル」を思い出したという人も多いが、ハリウッド映画や香港映画、韓国映画や日本映画など、各国のノワール作品の魅力を凝縮したかのような完成度の高さと映像美。暴力描写が多いことから、韓国では日本のR-18に相当する19禁の判定を受けて地上波放送不可となった。とはいえ、デビュー18年目を迎える東方神起は、ファンも多くが成人に達しているため、あまり影響はないと考えられる。尚、テレビでは問題シーンなどをカットして再編集したバージョンが使われるとのこと。

logowowkoreaロゴ

▶︎続きはこちらから

 

ユノを称賛する記事、

ユノの作品を称賛する記事

読みつつ首を縦に大きく振りながら

なぜか照れたりする(笑)

 

”皆んなのユノ”だけど

それぞれの自分だけのユノ(笑)の部分もあって

その個人的なところの自尊心がくすぐられるのか

ちょっと照れる。

…そうそう、そうなのよぉ

わかるぅ〜♫

ってね。

 

ソロ活動は2週間

ユノソロは、明日から後半がスタート!!!!!

『Eeny_Meeny』が公開されて

後半の勢いを付けて

ファイナルに向けて続きます。

ユノの笑顔に倍返しできるとイイな♡

 

スミン(ストリーミング)の応援は
ユノソロだけでなく、
今後の東方神起、チャンミンソロのカムバの時にも
しっかり応援できます(#^.^#)
韓国アプリgenieのアカウントがあります。
初スミンの方はお手伝いしますよぉ〜

お問合せからもどうぞ。

 

画像をお借りしました。ありがとうございます。

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事