ユノletter_soon(#^.^#)

そっか。

そのSoon… だったのかな。

 

第二ユノレター到着〜😍😭』

 

 

日本も

もしかしたら…もうすぐ届く♡

 

もしね、そうだとしたら

すごくウレシイ♡

待ってるよぉ。

 

籠もりまくりのGW…(・・;)

ココが正念場 第一弾ですからね!

この状況でも

この最強アイテムさえあれば

キラキラした気持ちでGWが迎えられそうです。

もってこいのアイテムです。

ユノぉ〜

thanksだよぉ。

郵便屋さんお願いしますm(_ _)m

 

★ポストにDear U letter届いたら

ブログで和訳のお知らせします。

 

 

チャンミンのチャットも

にぎやかそうです☆彡

 

 

ハングルのチャットは…難易度高めです。

というよりTOPIK(TOEIC韓国語版)上級者的な

ハングル必須、最優先課題です。

 

でも雰囲気だからね(´ε` )

多少わからなくても

繋がってる事がしあわせなのよぉ。

Lysnアップデートです☆彡

 

 

おまけ)こんなところでもユノが…!?

 

韓国特許庁、「第2の東方神起ユンホ」を有望スタートアップCEOに育てる…「第1回知識財産スタートアップコンテスト」開催

 

韓国特許庁が、創業7年以下のスタートアップの成長を支援するために「第1回知識財産スタートアップコンテスト」を開催するそうです。

(スタートアップとは、短期間でイノベーションや新たなビジネスモデルの構築、新たな市場の開拓を目指す動き、または概念)

27日、特許庁によると韓国発明振興会、信用保証基金とともに開催する今回の大会は、有望な知識財産を持る発明家予備創業者の創業を活性化するためです。

5月1日から6月15日まで公募を行う今回の大会は、韓国内最大規模の創業コンテスト(賞金総額15億8000万ウォン)である「挑戦!K-スタートアップ」の本選進出権を付与する予選(知識財産リーグ)です。

コンテスト参加者格は、「東方神起」ユンホ(本名チョン・ユンホ)のように知識財産(著作権除外)を保有する発明家、予備創業者と創業7年以内のスタートアップだ。特許庁が主催したコンテスト受賞者も参加が可能だそうです。

マスク(デザイン)、二重コップ(特許)、カプセルの装着が可能なカップのふた(特許)など3つの知識財産権を保有したユンホは、2019年特許庁発明特許と最もよく似合う芸能人に選ばれました。

最終選抜された10チームには、特許庁蔵相など総額3300万ウォンの賞金と「挑戦!K-スタートアップ」の統合本選進出権が与えられる。

11月に予定された最終決選である「キング・オブ・キング」前にも良い結実を結ぶことができるように「知識財産基盤創業IRピッチングコンサルティング」が直接支援されます。

パク・ウォンジュ特許庁長は、「今回のコンテストが、新産業と新技術分野で有望知識財産を保有した創業企業が革新成長の主役として成長する登竜門になるために支援を惜しまない」と語りました。

WOW!KOREAより

 

 

”人が財産”

2000年代からK-POPの海外進出は

韓国政府が推進している韓流の輸出政策の一環として

継続的に行われている。

韓国という国家自体のイメージアップに繋がることも期待されている。

韓国特許庁の「第1回知識財産スタートアップコンテスト」も

知識財産として支援をしていく国の政策は

未来の企業家にとって心強い頼もしい話題。

 

情熱マンスールのユノの名前が

こんな風に記事に使われるとは…

未来の起業家達の羅針盤

素通り出来ない

チョン・ユンホの才能、

素晴らしいです(#^.^#)

 

 

※インスタ、画像をお借りしました。ありがとうございました。

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

ハングル時々トン活

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事