チャンミンGQ和訳(インタビュー)

▲シャツ、ボッテガ・ヴェネタ。パンツ、ギムソリョンオム。アンクルブーツ、エルメネジルドゼニア。チェーンネックレス、ママカサール。


▲ホワイト・トップ、パンツ、いずれもサルヴァトールフェラガモ。 ボールドしたシルバーバングル、エルメス。 曲線型バングル、ポートレートレポート。 指輪、ボテカベネタ。


シャツ、ボッテガ・ヴェネタ。チェーンネックレス、ママカサール。


▲革コート、6モンクルレル1017アルリクス9SM.レッド・インナー・トップ、パンツ、ベルト、いずれもジバンシー。 シューズ、メンソル。 ネックレス、パナスィ。

 

 

東方神起、チェガンチャンミン”今が私の最大値かもしれません”

チャンミンは美しく、冷たい。 甘い世界と冷静な現実を行き来しながら長く輝く。

 

GQ:さっき伴侶犬の写真をアップロードしましたよ?写真集を撮影中記事になりました。本当ですか?

ハハ。名前が「ポッチ」です。養子縁組したばかりなのにそれなり大きな意味がある存在です。 今までファンとスタッフたちの助けを主に受けたなら、今は他の誰かを責任を持つことのできる年齢になりました。 家庭を築いた友達もいて、たとえ私がそうだとしても全然おかしくはないでしょう。 さくらんぼの面倒を見始め、責任感と負担感も増えたが、もっと一生懸命生きなきゃいけないという動機付けになります。 あ、はじめから言葉が長くなりましたね。

 

GQ:今日チャンミンの他の記事もあります。ソロアルバムのタイトル曲が「CHOCOLATE」ですって?

はい 2週間後に出ます。 アルバム名は<CHOCOLATE>です。 初のソロ・アルバムなのに題名のようにプレゼントという意味を入れました。 ファンのための贈り物です。 ところだった音みたいけど本当です。 ファンのおかげで、17年間、東方神起として活動してきており、こんなにソロアルバムも私になりました。 歌手という職業を継続して維持できる原動力ですよね。

 

GQ:10年以上されたが、過去<GQ>とのインタビューの中でソロ活動についての質問に、「私が見る時は年齢がより聞かなければならないようだ」と言ったこと覚えてますか。 時が来たと判断したんですか?

それより最近になって、ファンたちに対する感謝と大事さを大きく感じます。 インタビューをすると、しばしば次の目標が何かという質問を受けますね、前には大きな舞台だと答えました。 その次はもっと大きな舞台だと言ったんです。 ずっとそう言うことはできないでしょう。 そうしたくないですし。 しかし、何と答えなければならないかよくわかりません。 私自身は完璧か、立派だと思ってはいません。 たまに明確に見えない道を迷ってるようでもあります。 しかし、ファンたちはそんな私を継続して応援してくれて認めてくれます。

 

GQ:それはなぜでしょうか?

最初は私の歌、ダンス、ルックスを好きだろうことができます。しかし、ずいぶん長い時間が経ったじゃないですか。 今は、ファンたちが私という人自体を好んでくれないかと思っています。 年が取って変わっていく過程まで全部受け入れてくれながら。 そんな考えをすればもっとありがとう。 それで今がソロアルバムをプレゼントするのにいいタイミングだと思います。

 

GQ:音楽欲は?東方神起が固有なスタイルと自己を完成したということは間違いありません。その次の段階を探したり、新しい何かを作るというのが言葉のように易しくないはずだがどうですか?

現在の状況を冷静に見ると、巨大な刺激ときっかけがない場合、以前と大きく違わないようです。今は私の最大値であることがあります。良く言えば年輪が積もったのにマンネリのような悩みをしている。私がやってきた舞台、歌、声に慣れたんです。 もちろんその中で最善を尽くして最高を作ろうと努力します。 ただし、新しいことを見せてくれることができるかどうか苦慮してみると簡単でないという判断がします。

 

GQ:その状況が惜しく感じなかっんですか?

少しはしました。 正直に最大値という表現を使いたくないです。 私が持つ能力の限界を認めたり、線を引くことできるんですよ。 惜しくて名残惜しいです。 しかし、これを淡々と受け入れたら心が楽です。 これが最後ではないはずです。 いつか新たな転換点や変化があるだろうと思います。 多くの経験をしてみたら、分かりました。 今回のアルバムを通じて、今の状態を露て率直に見せたいという考えも聞きました。 僕が最大限よくできるのはこれです、とね。

 

GQ:聞いてみると東方神起の延長線のような歌「CHOCOLATE」をタイトル曲に掲げた理由が推測されます。実はチャンミンのソロアルバムを聞いて甘美なバラードで満たしたアルバムを思い出しました。東方神起のアルバムに収録されたソロ曲もそうですし、優れたボーカリストだから。

ソロ活動といって特に違うことをしなければならないという必要性を感じなかったです。 今の私と東方神起の、チェガンチャンミンは同一人物なんです。 好きで得意なことも同じです。 今回のアルバムは完全に私が好きな物を満たしたと自負しています。 それで東方神起として行ってきたのと同じように感じられないこともあります。 さらに、今のようなパフォーマンスをいつまでも続けることはできないでしょう。 できる時に、頑張らなきゃ。

 

GQ:今いう話もそうだし、現実感覚が明らかに見えます。 “自分を客観的に見ることができなければならない”という言葉をたびたびしましたか。 それでは、チェガンチャンミンの全盛期はいつでしょうか?

以前に出た曲を聞きながら’この歌本当に良かった’と嬉してしたり、その当時の思い出を想起することもあるんですね。 大衆の脳裏から簡単に忘れられないそんな歌を持っていれば、全盛期を謳歌したと十分に話せるじゃないですか。 それなら私はあまりにもうっとりした全盛期をすでに迎えました。 もしかしたら、現在進行中かもしれないです。 このように言う恥ずかしいですけど、全盛期は今という考えで楽しく暮らしています。

 

GQ:先月ユノユンホが<GQ>とインタビューをしながら”大衆に肯定的な影響を及ぼしかねないなら、依然としてアイドルです。 還暦過ぎてもアイドルと呼ばれたらいいですね”と言いました。 この言葉にどれだけ同意しますか

前にはそんな心を理解できなかったが、趙容弼(チョ・ヨンピル)先生の公演を見たら分かりました。 両親格から観客の方々が過去の郷愁にひたってテチャンをして喜んでいた姿が今も生々しいです。 長い間他の誰かと何かを共有してその楽しさを一緒に交わすというのがとてもうらやましかったです。 結局、ファンの大切さについて話だが、ユンホ兄とはそのような部分がよく合います。 私たちを信じてくれる人たちの期待を忘れないて、観客が多かれ少なかれ、舞台で一生懸命行うという信頼があります。 ユンホ兄や私や生真面目な面があることはあります。

 

GQ:東方神起は態度でも実力であれ、どのような境地に達したようです。 最近の実力が増えたり、だんだん発展していると感じるのは、何ですか?

幼い頃には評価とか他の人の一言に簡単に振り回されて左右されました。 気を使って顔色をうかがって気後れがしました。 思えば自らも厳格な基準に縛られました。 いくら良いほめられても嬉しくないでした。 もっとよくしなければならないという強迫があったようです。 現実に安住しようとしてもいけないが、余裕なく、引き続き競争をして合いました。 最近はそういった負担からかなり自由になりました。 それほど成長しました。

 

GQ:もしかしたらユノユノにも認められたいという思いはありましたか?

二人とも互いの仕事に関与したり、直接的に助言をしていないです。 黙々と見守りながら、後ろで応援をする方です。 ところで質問を受けてよくよく考えてみると、最近に認められたいと言っていたことがあります。 ミュージックビデオ撮影現場にユンホ兄が応援に来たんですよ。 兄は何の話をしなかったが、内心気になったんです。 ‘兄が良く見ているのだろう。’して。 他の誰かに依存する関係にはある程度認められたい心が無意識的に反映されるようです。

 

GQ:過去17年の時間を振り返ってみると、その気持ちはどうですか?

甘苦い夢のようです。 良いことも、悪くもないです。 人の心は本当に気まぐれです。 良かったことを追憶すると、限りなく幸せで、悪い記憶を思い浮かべば、不幸なように感じられるんです。 私は過去にこだわらない方です。 以前の生活が嫌いなのではなく、今がとてもよかったのです。 とにかく私は現在を生きているから。

 

GQ:チョコレートのように甘いだけでもしれないでしょう?

これも陳腐に聞こえるかもしれないが、愛です。 ほんとうです。 愛する家族、愛する友達、私を愛してくれる人たち。 少なくともこれらの期待には応えて、恥な人になってはならないと毎日誓います。 東方神起として成し遂げたものも多いが、個人的には誰かの誇らしい息子であり、お兄ちゃんというのが最高の成果であるようです。 最近になってやめたことはないという思いがします。 大人になったみたいです。

 

GQ:さっき<GQ>映像インタビューでも言及したが、日記を着実に書いていますか?今日はどんな内容を書くのですか?

今浮かぶのはポッチです。朝7時30分になると正確に覚めて私の顔をなめます。 とても不思議です。 日記を書いたら、このような内容のようです。 “ところだったで繰り返される午前7時30分、ポッチのぬくもりに目を覚ます。 この子が渡した愛の温度がそのまま感謝する。 今、幸せに目を覚ます。”

 

GQ:後に自分の話を本に出せば、最初の文章で何が良いと思いますか?

“日記を書いて本当によかった。” 生きてみて自分が経験して感じたものを全部覚えられないでしょう。 日記には幸せなことも、甘い気持ちも、怒って悲しい感情も本当にいるそのまま書かれています。 その記憶を完全に大切にできるから良かったです。

 

GQ:それではその本に日記の内容を公開するつもりがありますか?

そうではないです。 極めて個人的で内密な話は一人で保持するのが良いと思います。 ファンにもそんな話はあまりしないです。 映画のタイトルではあるが、’言えない秘密’という言葉もあるでしょう。 分からなかった事実を分かるようになるとして幸せはないでしょう。 秘密は秘密に残っている場合、美しいからです。 このような、今日多くの話をしましたね。

 

●special thanks

  • 피쳐 에디터:김영재
  • 포토그래퍼:곽기곤
  • 스타일리스트:김세준
  • 헤어:EZ at Jenny House
  • 메이크업:최선혜 at Jenny House

 

※GQkoreより引用

 

 

ブランドの洋服をサラッと着こなして

チャラッとアクセサリーも身に付けて

”金髪”っていうアイテムも違和感無く溶け込ませて

CHOCOLATEなチャンミンの出来上がり。

(#^.^#)

 

★ポッチに『いいね!』するユノと…

 

★Soon…に『いいね!』するチャンミン。

 

アラサー2人が

#STAY HOME しながら(か、わからないけれど)

お互いのインスタに『いいね!』している図は

とっても微笑ましい(#^.^#)

 

チャンミンにはチャンミンの思いがあるし

ユノにはユノの思いがある。

東方神起には東方神起にしかわからない世界がある〜。

それで充分。

 

ペンにはペンの思いがあって

極上のスィーツ♡より推しが大好き(笑)

その思いは世界レベル。

そう思われる推しはしあわせだね。

そして尊い。

その思いも尊い(#^.^#)

 

 

ご対面のその日まで…

うがい、手洗い、チョン・ユンホ!

うがい、手洗い、シム・チャンミン!

スカパー!スペシャル放送まで

D3です!☆彡

 

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

ハングル時々トン活

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事