ユノ、輝ける人。

昨日付けの韓国のニュースです。

2021.04.04(09:51)

憲法裁判所 “オンライン虚偽事実名誉毀損処罰は正当」… 合憲判断

オンライン上に虚偽の事実を拡散、他の人の名誉を毀損する処罰するようにした法条項が憲法に反しない憲法裁判所の決定が出ました。

憲法裁判所は、オンライン上の偽の事実、タイムリー名誉毀損罪の処罰基準を明示した情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律(情報通信網法)の規定が過剰禁止原則などに違反したという内容の憲法訴願審判の裁判官全員一致の意見で合憲決定を下したと今日(4日)明らかにした。

情報通信網法70条2項は、人を誹謗する目的で情報通信網を介して公然と嘘の事実を明らかに他の人の名誉を毀損した場合、7年以下の懲役など先にしています。

憲法裁判所は、「情報通信網での名誉毀損行為は、高速無線星の幅広い波及効果で被害が深刻であることができ、事後的な被害の回復も容易ではない」とし、目的の正当性が認められると見ました。

刑法上の名誉毀損罪より罰が重く平等原則に違反したという主張にも、オンラインを通じた名誉毀損は出版物よりも被害の程度と範囲が大きいほどバランスを失った表示難しいと判断しました。

[写真出処:連合ニュース]

ユノ・ユンホ1位、’軍人の姿の時すら輝くスター’投票

 

ユノが1位を占めた。

エキサイティングディッシュは、先月28日から4月3日まで「軍人の姿であるときでさえそっとあるスターは?」というテーマで投票を行った。

投票結果ユンホ(14416票)が1位を占めた。

2位はエキソディオ(10560票)、3位はイ・スンギ(245票)、4位はユ・スンホ(112票)、5位はユンジソン(46票)が名前を上げた。

一方、ユンホは去る1月第2集ミニアルバム後続曲「Eeny Meeny」を発売した。

 

logo ※mrepublicより

 

ふふふ…

この笑顔だもの♡

軍人の時も輝やいてる(#^.^#)

 

愛しい〜(*^_^*)

 

 

なんとなく

ユノの戻る場所が

少しづつ明るくなってきてる気がする。

 

光が…

ユノが歩きやすいように

ユノの後ろから

優しく照らし始めてるでしょぉ〜♡

 

 

Twitter、画像をお借りしました。ありがとうございました。

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事