東方神起XV大阪レポ

 

★XVコン大阪レポ12/21前編(セトリ)はコチラから

 

アンコールの後、

15年を彷彿させるVCRが流れて…

 

22. Stay with me tonight

アンコール後のステージ

 

メインステージに2人が立っている。

正面を向いて

目の前に広がるレッドオーシャンを

ジッと見つめているみたいに

立っている。

 

2階席の上までビッチリ真っ赤。

トンペンみんなで作ったレッドオーシャンが

誇らしい〜

一粒一粒が

誇らしげに光っている。

 

何度聞いても新しい。

新曲みたいに新鮮に聞ける。

いい曲だな。

 

23. Trigger

今日は控え目にtriggerを放っていました

ライフルの出番はなかったですね(笑)

 

★MC

アンコールありがとうございました。

皆さん楽しんでいますか?

ホンマ楽しんでるっっっかィ!!?

 

チャンミン本調子出てきてる⁉︎

 

Stay with me tonightをユノがセトリに入れたいという話で

Y:久しぶりにこの曲を聞いてみたら

声が若くてすごく恥ずかしくて

でも、

15年経って成長した東方神起を

みなさんお見せしたいと思って用意してみました。

皆さんいかがでしたか?

 

VCR出演、チャンミン役 子役のチャーリー君が今日は会場に来ていたそうです。

子役なのにイケメン君 将来有望です。

 

15周年の感謝の気持ちを

皆さんに伝える為に

歌って踊って…

皆さんを家に帰したい。

B:え〜〜〜!!!

C:家に帰ることでこんなにテンション上がるんですね!!

 

って

日本語がトンでしまったチャンミンは

大阪の地で

新しいビギへの切返しを覚えてしまったみたいです(笑)

チャンミンには敵わないなぁ。

 

27. Somebody to Love

広い京セラドームの中で

2人が思いっきり両手をひろげて

大きく大きく振りまくって

満面の笑みで…。

 

レッドオーシャンの海の名で遊ぶ2人。

楽しそう。

 

ユノはくるくる回る

6回、回って、またその後も回って、

走って回って元気いっぱい。

嬉しそうなふたり。

ドームが笑顔で満たされる〜

 

最後のMC

 

Y:今日は、大阪初日だったんですがいかがでしたか。

 

ダンサーさんとスタッフさん、バンドの皆さんに大きな拍手を!!

そして今日の主役の大阪の皆さん。

大きな拍手を〜

 

会場のトンペンを『主役』っていってくれるようになったのは

確か最近だと思う。

もちろんダンサーさん、バンドのメンバー、スタッフへの感謝は

最初っからずっとだけれどね。

意識して言ってくれることが嬉しい( ´ ▽ ` )

 

Y:最高だったでしょ❤︎

B:大騒ぎ〜!!

最高だった思いを騒いで表現❣️

 

会場のユノ側からあいさつに回る二人

 

Y:チャンミンとユノ、ちゃんと見えた!?

って言いながら

ユノがステージから落ちそうになっちゃったのか

あっ びっくりした…”って言ってた。

コッチこそびっくりだよ。

気をつけて(O😉

ユノ1人の体では無いのよ

みんなの宝物だからね。

 

Y:ホントにほんま楽しかった?

2019年は僕にとって色んなことがあって

正直落ち込むこともあったけれど

でも、

ここにいる皆さん、

そしてユノのことを、毎回 応援してくれる皆さんがいるからこそ

何より

ステージの上でユノらしく頑張れる☆彡

 

東方神起のファンのみなさんはすごく熱いです!!

そして

大阪のファンの皆さんはさらに

あたたかくて…熱いです。

 

もうすぐクリスマスだけれど

皆さんからサンタクロースのプレゼントを頂いたと思っています。

ホンマありがとう❤︎

 

Cstay with me tonight のデビュー曲を歌って考えていたのは

15年前のその時から考えるとだいぶ変わっていて

純粋な気持ちは無くなってしまっているけれど(笑)

その分、感謝の気持ちはすごくあって

それを表し切れないのがすごく悔しいです。

 

ここまで来れたのは皆さんのお陰だと思っているし

これからも

純粋な気持ちが無くなっていくかもしれないけれど(笑)

感謝の気持ちをもっともっと伝えていきたいと思います。

 

きょうは本当にしあわせでした。

ありがとうございました。

東方神起でした〜!!

 

Ywe are      T‼️

C:ビギスト ありがとう〜〜( ´∀`)

カムサハムニダ〜

 

 

★番外編に続きます。

 

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

ハングル時々トン活

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事