元KARA ハラさん。

東方神起の2人は帰りましたね。

感動のステージをありがとう♡

お疲れさまでした。

 

※画像をお借りしています。

 

 

寒い季節は

黒い服を着ていても

違和感無く見えるから

すくわれる。

 

にしても

ユノの重ね着が何気にとてもおしゃれに見える。

そういえば二人とも

とんでもなくセレブだものね。

足元も

キマってる。

 

 

韓国のネットの拡がり

 

ハングル教室の先生は

授業の合間の雑談timeに

色々な韓国情報を話してくれます。

(もちろん日本語で)

 

今、授業で

『電車のチケットをネットで予約するから 手伝って下さい★』

という会話とか文法を教えてもらっているのですが

※ついていけてないですが(・・;

 

韓国語でインターネットは인터넷(イントネッ)と言います。

その時に、先生が

韓国では、インターネットとはあまり言わずに

”ホームページ” 홈페이지(ホムペイジ)と言います。

(略して『ホムピ』と言うそうです★)

って教えてくれた

ホムピ って、響きがかわいい♡でしょ。

 

そして

インターネットについての話があって

 

●韓国でのネットの普及率が高くなった理由 を話してくれた。

 

韓国でネットが拡がりはじめたのは2000年ころ

国の政策もあったらしいけれど

2010年頃には

ほぼ100%に近いネットの普及率になった。

 

どうしてそんなにものすごい勢いで拡がったかというと

【学校が一役買っていた】と先生が話してくれた。

 

例えば…

学校の宿題も先生からメールで届く。

お知らせもメールで通知、

学校のホームページが要になって〜 となると

 

ネットの環境がないお家の子供は

『インターネットが繋がっていないと

学校の勉強が出来ないよぉ〜』

ということでオネダリ★

 

そんなこんなで 国の政策もあって

韓国のネット普及は

あっという間に拡がっていったらしい。

 

韓国における教育への情熱は かなり熱いので…

ネットは必須になるのは当たり前。。

そんな風にして

ネットが拡がっていったと教えてくれた

すごいな!

 

 

幼い頃からネット環境の中で育った場合、

自在に操るのはもちろん、

上手になるのは当たり前で

毎日触れていれば

現実の世界とネットの世界(仮想)との

境界線が曖昧になりやすい!?

 

裏側の部分はどうなんだろう。

 

 

守る

 

今は、インターネットSNSなど当たり前。

老若男女が使いまくる時代で

情報収集にも事欠かない〜

毎日とってもお世話になっている m(_ _)m

 

【東方神起、帰国!!】も

教えてもらってるから〜(*^_^*)

 

モラルとか

顔が見えない分、

考えて発信しなければならないコトがたくさんある。

顔が見えないから

何を言っても平気、

どうせバレ無いし…

それは違うな。

人としてナイでしょう。

 

小さければ気にならない…

ということはなく

影響力も少なからずある。

ソレをあえて狙ってやっているなら

サイバーポリスに

出動してもらいたい。

 

自分の肝に銘じる。

 

 

環境にもよるけれど

子供の時代は、

保護者が子供を守ってくれる。

そして20代。少し大人になって

自分の身は自分で護らなければイケなくなる。

 

自分ひとりでは上手に出来ないことは

周りの友達や周りの人が支えたり助けてくれて

守ってくれて

ときには守る側になって

人生を生きていく。

進んでいく。

 

人に影響を与える立場なら

人から受ける影響もソレ以上に大きいはず。。。

イイことも、そうじゃないことも。

 

だから側にいて、

隣にいて、支えてくれたり、守ってくれたり

気持ちを共有出来る人がいてくれることは

すっごく大切になってくるはず。

 

 

東方神起が韓国でデビューして

その人気は絶大で

若い頃チャンミンは、おパンツを盗まれるほど

自分とファンとの近い距離感に悩んだり(・・;

そんな中で活動をして、、、

 

ユノもAnalog trip で話してくれているけれど

若い頃の事件が原因で

トラウマを抱えていたり

 

 

あぁぁぁ〜

心配だぁ…

この前会ったばかりなのに

素敵な笑顔を見せてもらったばかりだと言うのに

ずっとついていたいくらい

後ろからそっとでイイから

(怪しいですね…)

ついていたいくらい

心配する。

 

 

2人で笑い合ったり

あのような素晴らしいステージを見せてくれたり

シアワセそうに話してくれたり

ときにはポロッと本音を吐いたり…

 

 

そうやって元気な姿でいてくれるのは

大好きな推しのとなりに

ソレを分かってくれる人がいるから、

やって来れたと思っているし

この先も、

元気でいてくれることを願うし

できれば毎日幸せな気持ちで

過ごしていてほしいと思う。

 

 

トンペンは、形や方法はどうであれ

推しのシアワセを

100%願っているよ。

全力で願っている。

 

 

泣いてもいいし、

弱音を吐いてもいいし、

カミングアウトも大歓迎。

笑えない時は笑わなくても全然大丈夫。

全然大丈夫。

 

 

次に会える約束さえできるのなら

ソレだけで十分かもしれない… と

そんなコトを思った。

 

 

逝ってしまった数々の若い魂へ

 

ク・ハラさん。

ご冥福をお祈りいたします。

 

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

ハングル時々トン活

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事