一回は訪れてみたいユノの故郷

韓国 光州(クァンジュ)。

 

ソウルと光州の真ん中辺のテジョンケリョンデ

行ったことあるのですが…

もう少し足を伸ばして〜

行けばよかったな。と。。。

 

 

光州(グァンジュ)

 

ユノが生まれ育った場所

どんな環境があのようなステキなナムジャさんを育てるのかと

とっても気になる。

 

韓国光州(グァンジュ)

ソウルから268km

飛行機(国内線)もトンでいる場所とわかり〜(@_@)♡

興味しんしん。

 

【ちなみにアクセス】

●飛行機:仁川国際空港から50分
●KTX:仁川国際空港→ソウル経由→光州 3時間/ソウル駅から光州 2時間
●空港リムジンバス:仁川国際空港→光州 4時間

※時間はおおよその時間です。

 

料金は飛行機は2〜3万円くらい(日本で購入の場合)

KTXはソウル駅から光州松汀まで約65,000ウォン(約6,500円)

リムジンバスは36,300 ウォン(約3,600円)

飛行機高いです(・・;)

 

 

学問と芸術のまち。

 

▲光州国立アジア文化殿堂

 

光州は韓国の都市の1つ。

人口147万人とかなり大きい都市

歴史の中で政治的な理由で

ソウルから人が流れて来た経緯もあったりで

多くの文人、学者、芸術家を輩出してきた土地。

1995年に光州国立アジア文化殿堂が設立されて

新しい文化的な価値を国際的に発信する現代美術の場として設立された”光州ビエンナーレ”

 

2013年に

光州出身の超イケメンの才能あふれるユノ氏に白羽の矢がぁ〜♡

光州ビエンナーレ名誉広報大使に任命され、

ユノも忙しいスケジュールの中

芸術的センス抜群のステキなグッズを出品!

こんな風に見てみると

ユノの才能にあらためて感動する〜♡

 

▼光州ビエンナーレ名誉広報大使に就任した時の動画★

 

 

当時のユノの作品

 

スマホケースもありました。

 

同郷の芸能人!

 

光州出身のK-POPアーティスが以外と多いらしく…

光州では観光活性化のために

去年から、国立アジア文化殿堂付近を歩いて回る

7つのコースを開始。

都心観光トレイル(毎週土曜日)

 

その中の1つに

『アイドル通り』っていうコースもあるみたいで♡

どんなコースかな〜って(笑)

 

★K-POPアイドル達が無名の時代に遊んだ場所をめぐる〜

ということらしいです(#^.^#)

1.7Kmのコースを1.5時間所要〜

光州にお出かけしたら

ぜひ歩いてみたいわぁ。

 

※K-POPコースは4番です。

2019年都心観光トレイルツアーポスターより

 

 

【光州 出身アーティスト】

BTS(防弾少年団)のJ-HOPE、元BIGBANGのV.I(スンリ)、

PENTAGON(ペンタゴン)のウソク、JBJ95(ジェイビージェークオ)のキム・サンギュン、

Monsta X(モンスタエックス)のヒョンウォン、

INFINITE(インフィニット)のソンジョン、B1A4(ビーワンエーフォー)のバロ などなど

女性アーティストもいます。

Danmeeより

 

 

ユノが生まれる前の光州

 

ユノの生年月日

1986年2月6日

 

世界は広くて

知らないことがあまりに多くて…

ユノが生まれ育った光州はどんなトコロ?

と調べていくうちに

歴史に刻まれた事件にたどり着いた。

 

『韓国・光州事件』ウィキペディアより

光州事件(こうしゅうじけん)は、1980年5月18日から27日にかけて大韓民国(韓国)の全羅南道の道庁所在地であった光州市(現:光州広域市)を中心として起きた民衆の蜂起。
5月17日の全斗煥らのクーデターと金大中らの逮捕を契機に、5月18日にクーデターに抗議する学生デモが起きたが、戒厳軍の暴行が激しかったことに怒った市民も参加した。
デモ参加者は約20万人にまで増え、木浦をはじめ全羅南道一帯に拡がり、市民軍は武器庫を襲うと銃撃戦の末に全羅南道道庁を占領したが、5月27日に大韓民国政府によって鎮圧された。

 

ユノが生まれる6年前のこと。

知らなかったなぁ。

 

光州の人の心の中には

光州事件に対する思いがあるのでしょうね。

軽々しくは言えないですが

ユノはビエンナーレの作品の中に

光州事件への思いを綴った絵を描いています。

 

※画像をお借りしています。

 

 

ユノが生まれる前の光州の景色

 

『タクシー運転手〜約束は海を超えて〜』

という映画があります。

 

タクシー運転手オフィシャルサイト

 

ソン・ガンホ(演技派〜好きです♡)主演の

タクシー運転手。

端々に笑いもあってキャスティングがすごくイイ★

韓国:2017年8月公開/日本:2018年4月公開

 

光州事件をテーマにした実話

1980年5月の光州を再現して

細部にこだわって制作された映画です。

 

たくさんの賞を受賞している映画です。

ユノの生まれる数年前が舞台ですが

きっとご家族の口から語り継がれている

忘れてはならない時代、故郷、光州の景色があると思います。

 

気になる方はぜひ見てみて下さい(#^.^#)

▼予告編

 

▼コチラで無料トライアル登録で見ることできます。

スマホ、タブレット、PCで視聴です★

31日間 無料でいろいろチェックします☆彡〜



気になる方は▲見てみてください。

 

※登録後にアプリをインストールします。

『課金がある』とありますが、31日間は無料です。

登録日をお忘れなく〜!!

(先週のソウル歌謡大賞もこのアプリで見ました♡)

 

★U-NEXTアプり、検索で出てきます♡

タクシー運転手 光州

 

 

ヲタは〜

ヲタなのです(笑)

 

やっぱり行きたい光州。

文化と芸術の街ですが

海も山もある豊かな土地

そして

美味しいものもたくさんあります。

 

 

今日は2月4日

ユノの誕生日 D2!!

 

※画像をお借りしました。ありがとうございます。

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

ハングル時々トン活

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事