ユノと一緒にミューレンベルギア・カピラリスを見たい!

▲TOPの画像はピンク色のススキ(ミューレンベルギア・カピラリス)です。

東方神起ユンホ、韓国出前アプリブランド「ヨギヨ」新規広告キャンペーン出演

 

「ヨギヨ」ガ東方神起ユンホと共に新規広告キャンペーンを披露する。デリバリーヒーローコリアは、「ヨギヨエクスプレス」のサービス価値を盛り込んだ新たな「ヨギヨ」広告キャンペーンである「味の速度」シリーズを順次公開すると24日、明らかにした。
新しい広告キャンペーンでは、ユンホが「『ヨギヨ』が味の速度を遵守します」というメインコンセプトで、人工知能(AI)で高速配信サービスを提供する「ヨギヨエクスプレス」を収めた。ユンホは「ヨギヨ」の新規広告で、自身の情熱的なイメージで「ヨギヨエクスプレス」サービスの特徴とうまく表現した。

 

新規広告は3編で構成され、12月中旬までに順次公開される予定だ。最初に公開された「ライダー」編では、ユンホが「ヨギヨエクスプレス」がプレゼントする迅速で正確なデリバリーサービスを迫力あふれる姿で描いた。
「前に」編では、世界のすべての食品がその味を失う前に顧客に配信するユンホの姿を盛った。グローバルAI技術で前より高速になった「ヨギヨ」の注文状況をさらに強調した。「ヨギヨエクスプレス」のおいしい楽しみを表現した「味」編では、味の速度を遵守する高速で正確なAIで武装した「ヨギヨエクスプレス」の質の高いサービスを見せる予定だ。

パク・チェヨンデリバリーヒーローコリアブランドの顧客経験マーケティング室室長は、「ヨギヨの新しい顔に抜擢された『情熱のアイコン』ユンホを通じて、ヨギヨエクスプレスが提供しようとする一歩進んだ新しい注文の経験を提供するためにヨギヨの情熱と努力を一緒にキャンペーンに込めようと努力した」として、「ヨギヨが伝えるおいしい楽しみを多くの消費者が感じて体験できるように、さまざまなマーケティング活動を積極的に広げていく」と明らかにした。

 

カッチョいいナ〜!!!!!!!!

バツグンにカッコいいじゃないですか☆彡

デリバリー屋さんとは思えない…

(天下のチョン・ユンホ様ですよぉぉぉ)

 

 ※Korepoより

 

晩秋にピンク色のススキを一緒に見に行きたいスター3位はユンホ、1位は?

 

EXOのメンバー、D.O.が「晩秋にピンク色のススキ(ミューレンベルギア・カピラリス)を一緒に見に行きたい芸能人」1位に選ばれた。

コミュニティー・ポータルサイト「DCインサイド」と検索サイトを手掛けるマイ・セレブズが運営している「エキサイティングDC」が11月8日から14日にかけて、「晩秋にピンク色のススキを一緒に見に行きたい芸能人」をテーマにした投票を実施した。

その結果、D.O.は得票率38%でランキング1位になった。D.O.は昨年7月に入隊し、2021年1月25日に除隊予定だ。除隊後には、映画『神と共に』シリーズを手掛けたキム・ヨンファ監督の新作『ザ・ムーン』(仮題)に出演することが決まっている。

2位は得票率35%でカン・ダニエルだった。3位には得票率20%で東方神起のユンホが、4位は同6%で防弾少年団のVが名を連ねた。

 

 

 ※ライフコリアより

 

 

★ユノは3位。

ふふふ…

ユノペンにとってはユノがダントツ1位よね〜♫

ピンク一色のすすき、このような景色があるなんて知らなかったです。

始めて見ました。

韓国にはステキな景色があるのですね。(中国にもあるそうです)

 

最近のユノはピンクとか赤とか暖色系が多いでしょ。

このピンクも

きっとユノに似合いそうな色よね。。。

 

 

ユノの気持ち。

ユノって

SMエンタの仲間のインスタに

必ずポチッとしてるのよね。

それも忘れた頃ではなく

結構マメに、後輩へのエールや

SUPER JUNIORやBoAちゃんへの応援エール、

忙しいユノにとっては

ずっと続けるって

そんなにカンタンなことじゃないと思うのよね。

 

アルバムをリリースする

後輩や仲間のことが自分ごとにように

思えたりするのかもね。

ユノソロ・アルバムがリリースする時は

一人で何回もイイねしたいなぁ〜♡

BeyondLIVEの100年ペンラみたいなのが

Instagramにもあるといいのにね😊

 

NCT – The 2nd Album RESONANCE Pt.2

 

★ユノ ソロ・アルバムの準備はどんな感じかしら〜♫

楽しみ(#^.^#)

 

そろそろユノサンタから、

ユノLetterも届く頃よね♡

 

 

画像をお借りしました。ありがとうございます。

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事