東方神起

ピアノは

1日、練習をサボると指の感覚が微妙に鈍って

指が動きにくくなる

指がもつれる。

それを戻すのには

いつもの練習を少し多目にしなくちゃいけない。

音がもつれて、耳に違和感を感じる

分かる人が聞けば

ちゃんと分かる。

何より、

動かない指の持ち主の自分が一番わかる

 

 

趣味でやることは

自分で楽しむために、友人と楽しむためならと

好きなペースで出来るからいい。

カラダを動かしてストレス解消

カラオケで大きな声で歌ってストレス発散

(ユノ発明王のカラオケBOXほしいわぁ〜設置出来たらいいのにね😁)

 

車の中でWHY?を聞きながら

大声で掛け声を連呼〜!!!

すっごく気持ちいい(笑)

大多数と予想されるコアな趣味♡

掛け声も毎日やっていたら

発声も上手になって

ドームで一番響かせる声の出し方も取得出来るかもしれない。。

声の調子で今日の体調もわかるようになって

趣味と実益を生かした

健康管理にも役立ちそう〜♫

ふふふ…

 

 

人は”今”を記憶することができて

(最近は微妙ですが…(・・;))

一度美味しいものを食べたら

その感動を忘れられなくて、

仮に、味は忘れてしまったとしても

違いはわかるはず。

似たものを食べたとしても

…コレでは無い、

とちゃんと分かる。

 

その人その人の

感じる全てのものは

自分が忘れてしまったと思っていても

カラダのどこかが記憶している。

音、香り、色、光、、、

何かのきっかけで思い出したり

似た経験をした時に

デジャブみたいに思い出す。

 

でも絶対忘れないことがある。

 

自分史上初めてのスッゴイものを見た時

五感まるごと震えるほど感動した場面

 

プライドを感じさせてくれた

東方神起のステージは忘れられない。

 

挑む様に射る熱い視線、

目を閉じていても感じる

鼓膜を震えさせるあの歌声、

自分の着ているものも

赤い光に包まれて真っ赤に染まっていた時の事、

優しいハーモニーに包まれて

立っていられなくなって座り込んでしまった事、

歌の世界観を貪欲なまでに目の前で魅せつけられた時のこと、

人間の体はこんなにも美しい動きをするんだと

打ちのめされるほど感動した時のこと、

この人は今のこの時に命をかけていると感じた瞬間

 

 

最高のものを見た記憶は

忘れない。

一度本物をみてしまったら

その記憶はずっと残る

違いが分かるようになる。

 

大衆は気まぐれで移ろいやすい。

いわゆる”水モノ”だけれど

それでも本物は記憶に残る。

でも

時代は流れていくから

移ろいを留めるためには

さらに上質な感動の上書きが必要になる。

 

 

ユノが目標とするマイケル・ジャクソン

マイケルの名言。

 

Just doing as well as you did last time is not good enough.
前回と同じようにやること。それでは十分でない。

 

A star can never die. It just turns into a smile and melts back into the cosmic music, the dance of life.
スターは決して死ぬことはできない。ただ笑顔に変わり、宇宙のような広大無限な音楽、生命のダンスに溶け込むのだ。

 

The greatest education in the world is watching the masters at work.
世界で最高の教育とは、その道の達人が働く姿を見ることだ。

 

 

〜誰かが一生懸命やればスタッフも影響されて

ギアが上がります。

仕事への誇りが高まるようです。〜

 

 

ユノがSMtownthestageの映画で語ってくれたフレーズがずっと記憶に残っていて

CMの撮影も、バラエティも、発明王も

もちろんステージも

この思いは変わっていないと想像できる。

完成されたものに

ユノの熱を感じるから。

 

常に攻めの姿勢で臨むユノ、

リーダーとしてその姿を見せることが

それが結果的に一番の守りになる。

情熱の炎を燃やし続けるユノ

 

自分を信じて、周りの声に耳を傾け

ファンを愛して感謝して

新しい感動を与えてくれようとする。

 

 

一番大切な『東方神起のプライド』。

ユノとチャンミンの

プライドに裏付けされた

ステージ

それが見たい。

 

17年目の東方神起

胸に響く

最高のステージを見せてほしいと思う。

信じて

期待して

待っています♡

 

 

ステキな画像をたくさんお借りしました。ありがとうございましたm(_ _)m。

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事