SMTOWN THE STAGE

ユノの名言と

チャンミンの正直な本音と”困り顔”を見たくて

コレを見ました(笑)

 

 

2015年の映画です。

チングと一緒に新宿で見ました。懐かしい〜(笑)

 

SMTOWNのステージと、その裏側と

SMアーティストたちの語りが

キラキラしていて

癒やされる。

 

当時のユノのヘアスタイルが少し長めで

今のヘアスタイルと似てる!?

語る姿にチョイ萌え。

 

ビジュアル、全然変わってないのが驚き!

さすが(#^.^#)

チャンミンの本音がポッロと出たり

5年前と変わらぬ思いで、今も進んでいてくれることが

とても嬉しい。

 

SHINeeが健在♡

 

 

ユノの名言炸裂!!!

 

映画の中で語る

ユノの名言の数々

 

聞いているだけで

惚れ惚れ。

 

それを淡々と語る姿が

本当にカッコいい。

”かっこいい〜♡”って

心の声が本気で漏れる・・・・・・

 

Y;EXOにアドバイスをしました。

”楽しめ”

””自分を王だと思え”と

自分が主役だと思えば観客の期待に応えるパワーが出ます。

 

 

C:パフォーマンスする僕たちと

それを見に来た観客

その間の”気迫の闘い”

僕たちは数万対2でパワーをぶつけ合ってる

そう考えた瞬間

全身に電気が走る感覚でした。

 

Y:僕のモットーは

”ステージでは堂々とする”

ステージで死んでもいいほどなので

幸せです。

 

インタビューを間にはさんで

LIVEの映像が流れて

上から

銀テも降ってくる〜!!!

LIVEって本当に楽しい。

 

 

シュウミン(EXO)が

東方神起は最高です。

努力して追いつきたいですね

と言うのです。

そんなシュウミンも入隊中で立派に兵役をつとめています。

EXOも大御所☆彡

 

リハーサル中の様子とか面白い。

catch me のリハで

ユノの名言が出ます。

 

Y:本番前に力が尽きる心配もありますが

りハーサルで手を抜くと本番も気が緩みます

 

C:正直なところ 手を抜きたい

僕は肩の力を抜いてリハーサルに挑みたいんです

 

恥ずかしいのですが…

 

でもユンホはすごく一生懸命なんです

そんな姿を見ると…

やる気が出ます。

 

Y:舞台裏で支えてくれる人がいますよね。

誰かが一生懸命やれば

スタッフも影響されて

ギアが上がります。

仕事への誇りが高まるようです。

 

 

Y:僕は”ステージの哲学者”で

ステージは特別な空間です。

 

 

 

catch me の衣装が

肩にスパンコールが縫い付けてある

ショート丈のジャケットで

もうもう…♡

おへそ出まくりの

メッチャかーっこよくて

鳥肌モノです。

 

 

新人の頃のレドベルちゃんたちが

初めてのSMTで

皆に自分の名前を覚えてもらうために

名前が書かれた大きなボードを

首からぶら下げて

裏側を移動している姿が

なんとも言えずに

初初しくて

 

SHINeeの

ジョンヒョンの言葉が

ジョンヒョンらしくて

鬼リピして見た

何度も何度も見た。

会いたいと思った。

 

『音楽は物語だと考えています

だからアーティストはストーリーテラーなんです』

 

ジョンヒョンの想いが

SHINeeにきっと引き継がれている。

 

 

SMの作曲家作詞家、音楽プロデューサーの

ユ・ヨンジン。

Rising Sun・ミロ・B.U.T・WHY?も

ユ・ヨンジンの作品

ヤンキースのキャップを被って(笑)

語ってます。

言葉が重い

必見の価値あり。

 

 

 

少し前の映画だけれど…

 

きっと今も

SMの練習室では

こんな風に練習しているアーティストが

いるんだろうなと、

コロナだろうと何が来ても

進化を止めずに

歌が好きで

ダンスが好きで

エンターティメントが好きなアーティストたちが

次のステージのために

着々と準備して

ステージ再開の日を待ち望んでいるのよね〜

 

久しぶりに見た

SMTOWN THE STAGEで思いました。

 

東方神起率も高くて

ユノとチャンミンの語りの本質が

今と全く変わってないところが

やっぱり信じられる

2人だなと

ヒタヒタと感じられて

やっぱり東方神起の生ステージを恋い焦がれてしまうのでした。

 

〜ちなみに今日は
『dTV 1ヶ月無料コース』で見ました(#^.^#)
1ヶ月無料でよかったら試聴してみてください♡

▼dTVはこちら

 

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事