ユノソロDROP

Drop

作詞:ユ・ヨンジン
作曲:ユ・ヨンジン

★DROP歌詞はコチラ

 

怒涛に続くチャンミンソロ活に刺激されて

ユノのソロも見たくなった(笑)

 

どの時空を輪切りにしてみようかな〜って

刺激強めで目が覚めるようなユノ。

ソロでもグループでもいつのユノも魅力的で

ステキで舞いっぷりに目が覚めるけれど

帝王ユノの降臨を”これでもか‼”と印象つけた

この曲を見て週末は撃沈した(#^.^#)

 

 

除隊後初のソロ曲。

ユノソロ「DROP」

 

SMTOWNのステージ。

何度見ても

衝撃が走って

ひれ伏す気持ちになる

それも3年前、2017年。

 

映像を見ているだけなのに

なぜか緊張して肩に力が入って困る。

ステージに立つユノの熱がほとばしっていて

熱くてヤケドしそうになるくらいの

熱を感じる。

 

「Drop」はある意味、ユノの本当の初ソロだったかもしれない…

って思ったりした。

そして除隊後の再起動。

チャンミン入隊中で不在

東方神起のユノとしてたった1人でステージに立つ。

 

グループなら何人かメンバーがいるから

入隊しても残っているメンバーがグループを存続させていて

除隊して戻ってきたメンバーを迎い入れて

カムバ★が定番だけれど

東方神起ったら2人組。

ほぼ一緒に入隊したから

先に復帰のユノは

グループの復活をパイオニアとして

1人で披露する。

 

入隊中、同じ部隊の同期の方とチームを作って

楽しいステージを見せてくれたユノ。

地元韓国、海外からもユノペンが集まって

ユノのステージを応援!!

市民の広場でも、体育館でも

どんな時もどんな場所でも

いつもと同じ、手を抜かないステージで

たくさん楽しませてくれた♡

除隊前の最後のステージも覚えてるよぉ〜(#^.^#)

ユノの司会と熱いパフォーマンス

懐かしい☆彡

 

そしてユノが除隊…

入隊前の最後のステージTiStory in SOUL から

約2年ぶりの

待ちに待ったステージ

SMTOWN in ソウルでのユノのステージ。

ユノのパフォーマンス。

 

現役で頑張っている後輩たちと一緒に

それ以上に

復活した東方神起のユノを見せなければいけない、

グループの看板を背負って

たった1人で復活劇を魅せなければいけない

すごい緊張感。

 

『DROP』 は

チャンミン除隊後のグループカムバのためにも

需要な役割を果たす曲。

SMヒットメーカーのユ・ヨンジン作詞作曲、プロデュース

歌詞の内容も復活を強く打ち出している。

新しい未来を創り上げるための

メッセージ性が強く出ていて

揺さぶられる。

 

総勢30人余のダンサー引連れて

見たこともないほどのすっごいエネルギーを

ユノがステージの上で爆発させた(@_@)

まさに

帝王の帰還、復活祭‼

 

イントロ掛かる前には

”チョン・ユノ”コールがずっとかかっていて

もぉもぉ

気持ちが収まらなくて…

 

受けて立つユノ

気合充分 圧巻。

 

 

はぁ…

この人は

ユノって人は

ステージに魂を捧げて…

毎回毎回、、、

今ココで倒れても構わないってほどの

破壊的なエネルギーで

挑んでいる。

3年前のステージ見ても

今のこの時でもユノの熱が伝わってくる

冷めないエネルギー。

 

 

ね、

ユノのステージ。

見たいなぁ〜

今のユノのステージ。

 

ユノもチャンミンのステージを応援しながら

ウズウズしてる…

ユノはステージが大好きだから♡

自分のショータイムのイメージが沸々と湧いていたり☆彡

 

そしてユノのステージが大好きで大好きで

待ちきれなくて

この思いを持て余しているペンが

ココにもあそこにも

世界中に沢山いることを

ユノはきっと知っているよね〜(#^.^#)

その日が来るのを楽しみに待っています。

 

▼熱いステージが1番好きですが、MVもよかったらどうぞ★


※動画をお借りしました。ありがとうございます。

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

ハングル時々トン活

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事