星降る夜のバラード

東方神起のバラードは

あまりにもしみて…

反則の域です。

 

二人のバラードは何色かな?

うすざくら・みず色・おみなえし・あいじろ・ぞうげ色…

 

雪降る夜のバラード

 

やさしい色、、、

切ない色の時もあるし

色っぽいときもあるし

あたたかいいろの時もあるし

号泣の時もあるし…

(笑)

 

 

「ホタルの涙」と「雪降る夜のバラード」二本立て

ダブルで仕掛けてきました。

夏の季語と

冬の季語。

たくさんの時間を閉じ込めたアルバムXV,。

 

雪降る夜のバラード

 

作詞:Katsuhiko Yamamoto
作曲︰Katsuhiko Yamamoto

●歌詞はコチラからリンクします。

 

 

東方神起ベストアルバム ~Begin again~

「サクラミチ」、「愛をもっと」、「君のいない夜」、「I love you」、「シアワセ色の花」

も山本加津彦さんの作詞作曲です。

 

ホタルの涙を作詞された”やまだ麻実 ”さんともお知り合いのようです。

 


ネットワークで繋がっているのですね。

 

 

 

雪が降る前の静かな時間のような

イントロ。

はらりとはらりと空から落ちてくるみたいな

ピアノの音、

それだけで切ない。

 

降りはじめた雪の景色に

ユノの声がそっと重なる

 

後に続く

チャンミンの声が

その雪をやさしく溶かしていく。

 

二人の声が

静かに積もる雪の景色を邪魔しないように

ふわぁ〜っと合わさる。

 

二度とはもう無い 「今」という時の中で
あなたと目が合い 優しく鼓動が揺れる
当たり前の事など どこにも どこにもない
何気無い出来事 何より嬉しかった

 

張りのあるチャンミンの控えめな高音に

ユノの声が包むように触れて

深い深いハーモニーで聴かせてくれる。

 

作詞家の山本さんが

『二人の声や魅力、人柄、そして思いも、、
前より少しは知る今だから作れた曲なのかなと』

 

二人の思いはどんな思いなんだろう。

耳から届く二人の声は

ヲタの気持ちをあたたかくして

優しく包んでくれて

ずっとこの声を聴いていたいと思って

永遠なんて無いけれど

この時間を、自分の中に永遠に留めておこうと思わせてくれる。

 

大切な 大切な
「今」は過去になって 新しい「今」が来ても消えないよ 消えないよ
このままであって
このままここにあるの

 

ずっとずっと

忘れない。

一緒に同じ時間を同じ場所で

同じ思いを感じて過ごしたことは

いつまでも忘れない。

 

 

今年はもちろん

来年も再来年もその先もずっと

雪が降る夜には

この歌を思い出して、口づさみながら

泣きそうだょ

 

 

D1

もう覚悟を決めなくちゃ(笑)

 

何が起こっても

何を見ても、聴いても

気を確かに持って、ペンラを降り続け、うちわを胸に抱え

声を出しまくる覚悟を決めなくちゃね☆彡

 

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

ハングル時々トン活

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事