連日”ハイタッチ会”の話で恐縮ですが

東方神起ハイタッチ会に対して余念がありません(笑)

 

当選…♥

 

※各部時間等の詳細は決定次第ご案内いたします。
また開催会場はご当選者のみご案内いたしますので、あらかじめご了承ください。

 

ハイタッチ会までの道を無事乗り越えて

見事ハイタッチ会、当選★(したとします)

 

当確ご招待メールが届きます。

そこには泣くほど切望していたハイタッチ会の

会場の詳細が書かれていて

さらに以下の注意書き。

 

※SNSなどへの情報公開は禁止しています。
ご配慮ください。

 

みたいなことが書かれていて

さらに期待に胸が膨らみます♥

 

特別なプレミアム感に押しつぶされそう…

 

15周年記念のハイタッチ会だから

ユノとチャンミンは

この日のために(他に用事があるとしても)

来日をして

ファンのために時間を割いてくれる。

嬉しい。

 

ハイタッチ会 各部:限定3000人、

アリーナはキャパ的に1〜2万人規模だから少し広いです。

東京なら幕張メッセ、など

ファンミ会場くらいの広さでしょうか!?

メッセ会場などは仕切ることが出来るので

会場の広さの調整ができます。

 

 

推しとの遭遇 いろいろ

 

バカバカしいといえばソレまでですが

結構本気モードなので

笑いながら楽しんでください。

 

今ままでの『推しとの遭遇』を紐解いてみたいと思います。

 

 

コンサート:P席・SP席

明日コンオーラス

所要時間:約210分(3時間半)

距離:2メートル〜20メートル(席により差があります(¯―¯٥)

超堪能!!お互い、汗びっしょりでも気にならない距離感(#^.^#)

 

 

新羅ファンミ:お見送り(2018年までの場合)

新羅ファンミ2019

対面所要時間:約10秒

距離:1メートル圏内(推しとの仲を阻むものは長テーブル)

 

が座席前の方から順番にステージに上がる。(参加者全員)

ステージの上の(会場からは見えません)金屏風の前に神々しいまでの2人が立ち、前をぞろぞろと通り過ぎていく。(立ち止まってはイケマセン)目をしっかり合わせてくれることが、あまりにも恥ずかしく目を逸しそうになるが、そこは頑張って最後まで見つめ合う。

余裕のある方は『頑張ってください♥』など一言二言声をかける。あまりの美しさに我を忘れる。余裕一切なし。

※2017年新羅ファンミ覚書など
※2019年新羅ファンミは諸事情によりお見送りは行われませんでした。トホホ…

 

 

神との遭遇”ミーグリ”

対面所要時間:約5〜10秒

ミーグリトータル時間:約15〜20分

距離:ゼロ(カード越しの神との遭遇)推しとの仲を阻むものはカードのみ

 

★ミラクルラッキーなチングの”ミーグリレポ東京ドーム編”

 

 

サイン会

対面所要時間:約30秒〜

※推しまでの移動の時間など入れると所要時間は1人:約1分弱

会トータル時間:2時間

距離:50センチ 時々30センチのときも…(興奮して乗り出したり距離が近くなるとお付きの方に制される)テーブル越しのカミングアウトな恋♥会話付き

 

 

偶然・必然的に出会う

 

相手に迷惑にならないオトナとしての配慮で行動してください。

★必然的に会った場合のパターン

 

至福のひとときはどのくらい…

 

1人所要時間『3秒(×2人)』と予想します。多めの見積もりです。

1回のハイタッチ人数3000人。

1日2回開催。

 

1人4秒の場合:ハイタッチ終了200分(3時間20分)

1人3秒の場合:ハイタッチ終了150分(2時間30分)

1人2秒の場合:ハイタッチ終了100分(1時間40分)

 

2秒でも充分かもしれない…(・・;)

二人なので時間は重なりますが

渋滞したり、横に移動したりを考えると

3秒は長すぎですね。

 

『2秒』 かな。。。

 

その間二人はずっと腕を上げていてくれる訳で

おまけに一日2回のハイタッチ会。となると

2時間が限度ではないかと。

 

最初に少し二人が話してくれて(10分)

その後ハイタッチ開始!!

終了後、ヘトヘトの肩と腕を抱えて『おわりの言葉』10分

 

トータル150分(2時間半)ほどの15周年記念イベント『ハイタッチ会』になるのではないかと思います。

 

※全て妄想ですが来年のハイタッチ会まで更に妄想膨らませて楽しみたいと思います。

 

ブログに来ていただいてありがとうございます。

▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事