東方神起の『Begin』

素敵すぎて正視できない男

 

 

ちょっと無理…

正視するのが、、

カメラマンはきっと必死よね、今にも腰から砕けそうでしょ

男性だろうと女性だろうとファインダー越しでも耐えられないと思うけど…

砕ける前にシャッター押したよね(笑)

 

この投稿をInstagramで見る

 

After the rain…..☔️

@ yunho2154がシェアした投稿 –

After the rain…☔

 

インスタの画像。

イケナイことに、雨に濡れてる…

”計画的犯行”過ぎて

 

なんとも言えない違和感というか

脳が不安がってる微妙な感覚に陥って

落ち着かない。。

 

じっと見つめていると

あっ…

ホクロが、、違う。

反転してるのねとわかり

違和感が抑えられる。

反転させた画像ってその違和感を感じさせる事自体が

とてもSexyだと思う。

ダブルで計画的犯行勃発しています!!!!!!

 

【VER選択】2020年 8月号 ELLE SUZY TVXQ UKNOW 東方神起 ユノ ユンホ スジ 画報 インタビュー 韓国 雑誌 マガジン Korean Magazine【レビューで生写真5枚】【送料無料】

価格:1,640円
(2020/7/14 22:37時点)

 

雑誌 ELLE korea 2020年 8月号 (SUZY 表紙|東方神起 ユンホ/画報,記事掲載) KOREA MAGAZINE

価格:2,100円
(2020/7/17 19:32時点)

慌ててポチりました。

■発売日:2019年 7月 30日発売
■発送日目安:発売日より配送特急便1~3営業日、一般輸入便3~5営業日

 

ポチったあとの楽天パンダに癒やされる(笑)

 

 

ユノさんインタビュー10ページあるらしいです。

何を語ってくれるのか

情熱アイコンのこと聞かれるよね。

webバラエティのMCのことも話してくれるかな

ユノが今考えていることを、たくさん聞かせてほしい。

それを聞いてまたまた深みにハマりたいわ♡

 

東方神起のBegin

 

毎日新しい情報が世界を駆け巡って

匂い立つ色気を纏い

さらに魅力を更新して「称賛」「驚嘆」そして〜「喝采」!!の日々。

コロナで足止めされてる現在でも

こんな風に姿を見ることが出来るインターネットの恩恵に感謝だわ〜♡

 

と感謝しつつ…

実はやっぱり

本当はすごく歌を聞きたいのです。

聴きたい”歌声”。

歌が上手なアーティストはたくさんいるし

音域が広くてわぉ〜!!って思えるアーティストもいたり

色々ですが、

日本語の歌を歌う時

外国人というハンデを背負うからこそ

言葉の意味を一つづつ丁寧に理解をして

何度も確認をしながら自分の胸に落ちるまで考え

イメージして

そしてその言葉に気持ちを込めて歌うから

届いて来るメッセージ。

 

基本、韓国語の歌が好きですが(笑)

日本語の歌もやっぱり捨てがたい。

 

東方神起フォルダの中に入っていて

たまたま車で聴いたシングルの1枚が

トン神様の”使いの者”からの意図が感じられて(勝手に一人で解釈してるw)

出来すぎた展開!?に苦笑しながらそのまま聞いた

『Reboot』カップリング曲は『Begin』♫

 

『Reboot』はチャンミンの第一声で始まる〜

♫Reboot Reboot…

脳天に刺さるチャンミンの声

ユノの声が力強くメッセージを投げかける。

懐かしいなぁ〜

Reboot(2017年12月20日)3年前(・・;)

 

そして『Begin』

今聞くには、このシングルのコンセプトが

痛いほど胸に突き刺さってコワイわ(笑)…

 

と思いながらの『Begin』。

優しく優しく

ココロに響きました。

 

第一声のユノの声が優しくて儚げで

息遣いも歌の一部と思えるほどの

切なさで

(あれ?ユノって確か息継ぎは鼻でして、マイクに拾われないようにしてる★って言ってたような…てことも関係無いくらいの狂おしくて甘い息継ぎ、、聞いて欲しい♡)

 

ココロが静かに落ち着いてくる。

丁寧に歌うユノとチャンミンの歌声が

やっぱり愛しいナァ〜♫ってね。

 

この歌は永久保存版の名曲だし、長きに渡って東方神起に歌われ続けて

そしてユノとチャンミンの2人のハーモニーで

完璧に聞かせる名曲になってる。

(2006年発売のシングルが最初)

 

歌詞もメロディもとてもステキです

歌声をしっぽり聞いてみてください

逸品ココにあり。

 

歌詞は小山内舞氏、My Destinyも作曲されています。

※歌詞はコチラから

 

※Instagram、動画をお借りしました。ありがとうございます。

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事