ユノGQ画像とインタビュー

東方神起として、チョン・ユンホとして。情熱の価値を証明してきたユノに無駄な努力はない。

 


 

 

汗を拭いて始めましょうか?

ハハ。久しぶりに撮る写真だから疲れも知らずにしました。

 

スポーツウェアを着て、すべての撮影を進行しました。特別に気に入ったアイテムがありましたか。?

ランニングシューズ「ホバーマキナ」がきになりましたよ。靴のチップが内蔵されてスマートフォンと連動されている機能も興味深いが、靴本来の属性のみ考慮しても欲しくなります。足を支える力が良く軽くて、数時間の間に動的なポーズをとったのに、足が疲れないですね。振り付け練習のために靴は特に敏感になります。

 

1年ほど前SNSに「これから運動を始める」という文を掲載した。以来、体の中で最も目立った変化は何ですか?

舞台の上での活動は精神力でコントロールするとしても時間が経つほど遅くなる回復速度は仕方がなかったんですよ。 ところが1年間、筋力や弾力が増えたのかスケジュールを消化した後も、身体的な負担が大きく減りました。 “永遠することはできない。 しかし、永遠を守ることはできる”という言葉をいつも心の中に持って、運動を通じて実感していますね。

 

必ず守るルーチンがありましたか?

一週間に4回以上運動をして、必ず空腹状態から始めました。 前日夕方に食事をしたら次の日運動を始める午後1時まで何も食べませんでした。 血液循環が速く、毒素が速やかに排出されるのが感じられます。 運動の後は食べたいだけ食べてます。

 

長期間運動をすると、中間に山場が訪れてくるものです。 停滞期が訪れたことはないんですか?

もちろん、あります。 空腹運動もスランプに陥って多くの運動法を試みた末に訪れた方法です。 ただ、運動法とは別に停滞期を克服しようとする意志が先行しなければならないんですよ。 人は誰でも’一日なら大丈夫でしょう。 今日は出かけなくてもいい、’とし、自己合理化の後ろに隠れてじゃないですか。 しかし、アンダーアーマーの’ただ突破’キャンペーンのように健康な身体を作っていくのに近道は絶対ありません。 必ず汗を流してプレーしなくてもいいから一旦運動する場所に行ってみて勧めたいです。 いざ現場では考えが変わるかもしれません。 開始が難しいので、運動で時間を過ごした後、与えられる補償は体楽に怠けて過ごした時間よりはるかに価値あります。

 

スポーツを見ることも楽しみましたか?最近バレーボール競技場に現れ話題になりました。

幼い時から運動ならするというのなら、見るとして種目を問わずに好きでした。 今回、毎回のスケジュールと重なって見なかったバレーボール試合をいよいよ観覧しました。 大韓航空のハンソンス選手が、友人の夫なので、一度は競技場に行って応援をしようとしたんですよ。

 

格別好きなスポーツ選手はいますか?

誰だと名指して言うなら、大きな失礼になるようです。 すべて自分自身との戦いの繰り広げじゃないですか。 特定選手のファンだと話しよりは汗でじっとりと濡れながら毎日を送るすべてのスポーツ選手を尊重したいです。

 

音楽活動の話をしてみましょうか。 東方神起にデビューしてからもう17年目です。 アイドルという言葉がぎこちないことはないですか。

全くです。 偶像という意味じゃないですね。 アイドルという概念が幼い歌手に限定されると思ったりはしません。 自分が追求する価値観を舞台の上で表現して、これを通じて大衆に肯定的な影響を及ぼしかねないなら、依然としてアイドルです。 還暦過ぎてもアイドルと呼ばれたらいいですね。 五十歳になってもアイドルとして残ったマイケル・ジャクソンのように。

 

デビュー当初と比較すれば、今のユノ・ユンホはどう違うんでしょうか?

その時は音楽に映しだされる姿がすべてと思っていました。 それで漠然と’歌が上手でいたい’、’ダンスを上手に踊りたい’という気持ちばかりでした。 ところが有名になるほど大衆に存在の価値を与えられた者として備えるべき責任感について考えるようになりました。 東方神起として、そしてユノ・ユンホとして公認の範囲内に入るほどです。 私のどんな姿を好きになっているのか考えてみて、どのように、期待以上を見せなければならないかどうか悩んでいる時もありました。 その時より気持ちは平穏になったようです。 はるかに素直になり、ある姿そのままを見せてもらえたんです。 それがファンたちが私に望む姿勢でもありましたし、

 

10代にデビューし、今まで歌手として活動しながら送った時間のうち、残念な部分はありませんでしたか?

多分すべての芸能人が共感するんです。 どこに行っても注目されて、スタッフたちの助けを受けて活動してみたら一人で何かをする機会が当然ありません。 他の人には平凡な日常が私には格別の経験になる時が多かったんです。 でも、前向きに考えることにしました。 思ったより年を取っても経験できることが多いですね。 ただ、友達と過ごす時間のように一度流れば済む瞬間だけは逃したくないからユノ・ユンホとチョン・ユンホの人生を分けようと苦労しました。 それで、今も周りに芸能人ではない友達が多いです

 

東方神起のユノ・ユンホは大きな成功をなし得ました。 歌手ではなくチョン・ユンホとして成就したことがありますか?

素朴な自慢の種が一つあります。 機能性カップのふたで特許を受けたが、近いうちに特許証をもう一つ得そうです。 デザインと関連された出願です。 具体的な内容はまだ秘密です。

 

「情熱マンスール」というニックネームのように舞台の外でもすべてのことに全力を尽くしますか?

このようなイメージができるとは知りませんでした。 何をしても誰よりもプロフェッショナルにしたいだけだった。 代わりに’オン・オフ’が確実な方です。 一人でいる時間は言葉もたくさんしなくて、リラックスしています。 今まで’アップ’した姿だけが放送に出て大衆にはちょっと不慣れかもしれませんね。

 

努力する人生が説得力を失っていく世の中だが、情熱的な姿勢に意味はあるでしょうか?

皮肉にも最近、情熱の必要性を大きく感じます。 道で”手を一度だけ握ってくれませんか(握手をお願いできますか)。 元気を吹き込んでください”と話しをする就活生が本当に多いです。 社会全般的には観念的な雰囲気と喪失感が存在するとしても個々人の観点では話が違うかもしれないです。 巨大な壁を越えるためのエネルギーを切望する人が思ったより多いですね。 熱意だけで全ての過程を通過することはできないが、状況を突破しようとする勇気がなりかねないと信じています。 私が小さくても力になれるなら、大きな光栄です。

 

アイドルでおもしろい情熱男としてイメージが拡大されることをファンは心配はしなかったのですか?

むしろ応援を受けています。 アフリカのガーナに設立した学校がファンの持続的な支援のお陰でうまく運営されています。 光州(クァンジュ)と中国にある図書館もファンのおかげに建設され、です。 以前から思ったことを実践に移した効果のようです。 もし誰か地面を掘っていると、周りで最初は”あの人、狂ったのじゃない?”と言うでしょう。 しかし、半年間、掘ると”その中に何が入った?”と言います。 3年間、掘っていると、その姿が切なくて一緒に土地を堀り始めます。 人たちの好奇心と共感を引き出す力はこのように確信を持って元気に実践する行動から始まって、です。 結局、共通の志向点に向かって一緒に動くようになります。 私一人だったら絶対成功させることができなかった結果です。

 

慈善活動をしようと決心したきっかけは何ですか?

東方神起に成功する前の時代をいつも心に置いています。 周辺の助けをたくさんもらったんです。 その時は心の余裕がなかったです。 ところで”お前は大きくなるんだ”という一言に勇気を得て、小さなおやつ一つに再び立ち上がった記憶が多いです。 すでにうまくいった先輩の一人はよくご飯も買ってくれながら暖かく多くの助言をしてくれました。 一度は見返りを望まない役が気になってなぜこんなによくしてくれるのって聞いてみました。 “君もうまくいったらこうすればいい”と言うんですよ。 小さな好意が重要な岐路に立った誰かには人生を変える契機として作用することができます。 勉強する環境が整った学校と図書館が誰かの人生を日向に運ぶことができるもののように。

 

ミュージシャンではなく、ユニセフ職員や社会活動家と話を交わしているようです。

ハハ。周辺でもそんな言葉をよく聴きました。 歌手でなかったら、青年運動家になったんだと。

 

子供の頃の夢は何だったんです?

将来の夢は検事でした。正義具現のようにいることはありません。実際には、平凡な人になっただろうけどね~。。

 

アーティストとして、もっと叶えたい夢はありますか?

手遅れになる前に、自分のショーを直接作ってみたいんですよ。 コンサートよりも総合的な仕組みですね。 大きくて華麗な舞台もいいが、ストーリーを描いた細かいプログラムを構成して皆さんの前に立ちたいです。 あの人がなぜあんな風に歌うのか、なぜあの曲を選んだのか、賢明に見せる方法を悩んでいるところです。結論は、私が描いた世界を素敵に見せることです。ユノ・ユンホらしく。

 

★GQKOREAユノより和訳直訳

写真、インタビューの公開を感謝します。

 

 

 

スポーツウェアを着てるのに

なんてsexy♡

躍動感溢れる

一瞬を切り出して

どのユノもエネルギーの塊と感じる。

 

 

ユノの言葉には

熱があって

人に対する思いやりと優しさと

力を感じる、

 

いつも前を向いて

熱く熱く〜情熱のヒト(#^.^#)

 

『自分が追求したい価値観をステージの上で表現し続ける』

あぁ…

だから

ユノのステージは見る度に感動させられて

次の公演で、同じプログラムでも更に感動を更新することができて

いつもつも進行形なんだ。

表現し続けて追求し続けて…

留まるつもりなど全く無くて

 

 

そして

いつの日か

必ず…

 

ユノが本当に歌いたい歌

魅せたいダンス、演出

会場のセレクトから始まって

入口に立った瞬間から

(あぁ〜チケットのデザインもかな♡)

すべてがユノの頭で考えられたプログラムで

ユノが魅せたい

ユノのためのショーを考えているのかと

本気で考えているんだと。。

 

その思いを聞かせてくれたコトが

とても嬉しい。

それを見ることができるということに

震えるほど興奮する。

 

ユノは嘘は言わない。

実現できる、実現するつもりのコトを口にする

有言実行の人だから

信じられる。

 

ドキドキする

ココロが熱くなってくる。

ユノの情熱が

伝染する。

海の向こうにいるユノの

熱い思いを

こんな風に感じられることが

とても嬉しい♡

 

熱い思いが

ココまでちゃんと届いてきた。

届けたい思いを

理解できるシアワセ。

その思いは、愛しすぎる。

 

待ってるから

その日が来るのを

楽しみに待ってるからね!!

 

ユノ、ありがとう

聞かせてくれて

とても嬉しい。

고마워요〜(#^.^#)

 

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

ハングル時々トン活

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事