東方神起ユノ2019

▲Takao Sakai AOSORAサイトより

 

ユノはカッコいいな。

 

今更なにを言うかと思えば…

ビジュアル、ダンス、立ち姿、首筋、手、指、ライン、体幹、歌声、

惚れ惚れして毎回めまいがするほど大絶賛中!!

 

カッコいいのは

立振舞。

 

一つ一つの行動を自覚していて、

周りの反応や、受け取られ方も承知の上で

自分で責任を背負っている

その気迫がカッコいい。

 

仮に、自ら選んだのでなくても

自分に与えられたものは自分で選択をするという自覚を持って

自分の考える正義のために

前に進む姿がカッコいい。

 

寝る間を惜しんで、倒れそうになっても、折れそうになっても

何をするにも

いつもそうやってギリギリ限界の

その先のライン超えをしてきたから

ユノの進化は留まるところを知らない。

宇宙が膨張している。

 

 

そして

優しい。

優しさはどこから来るのかな。

相手の気持ちに寄添う心の柔らかさ…

こどもの心みたいに、柔らかくてあたたかくてほわぁ〜ってしている♡

とても平和な心。

柔らかいからとても傷つきやすく繊細。

 

抱きしめたいのか

抱きしめられたいのか…(笑)

とにかく愛しい。

 

あっ

笑顔は破壊的な癒やしです♡

 

ソロとデュオ★

 

2019年のユノは

東方神起、TVXQして、3月はインドネシアでAnalog tripの撮影をして

ユノソロの後、アジアツアーがあって

そしてXVコン東方神起。

ふわぁ〜(@_@;)

忙しいね。

 

スケジュール管理のマネージャーさんの他に

自己管理をしてくれるもう一人のユノが必要かも。

どのユノも、言葉にできないほど

大好き(#^.^#)

 

最初っからソロでデビューした人は

知名度が上がるまでにウォーミングアップをしながら

成長していくし、その過程で経験を積むのだろうと思う。

 

グループは

個人個人の力をかけ算にして、

ソロとは違う広がりや可能性を味方に付けて

苦しい時は支え合って

さらに個人個人もお互いに刺激されてスキルも上がって

コーラスの厚みやビジュアルの面白さとか〜

可能性は無限大〜❣❣❣❣

 

日本のNISSANスタジアム3DAYSを真っ赤に染めての東方神起の実力は本当に神がかり的で

そこにせっせと通うヲタ達の笑顔ったら

本当にキラキラしてる♡雨でも槍でも何が降ってきてもトンさえいれば

今日は生きていけます☆彡みたいな空間(笑)

全てをかけて

その景色を魅せてくれた東方神起の2人。

 

 

東方神起と、ユノソロは

全く違う次元だから

そして東方神起のユノがするソロだから

プレッシャーも半端なかったと思う。

歌を一人で歌う

アルバムMVのメインは一人。ソロアルバムの曲を自分でもチェックする、

音楽に携わっての経験はたくさんあるけれど

ソロアルバムは始めての経験だから(・・;)

 

でも

ユノはいつも信じられる、やってくれる人。

たくさんの人に支えられて、出来上がったアルバムは

もぉ〜(T_T)

 

あのね、アルバム聞いて泣いてました。

泣けばいいってもんじゃないけれど

胸がいっぱいになって

ユノの気持ちや思いが歌声に乗っかっって

ココロに届いてじわぁぁぁぁぁああ〜ひたひたぁぁ〜って染みていって

泣きました(笑)

 

ショーケースやサイン会でも言っているように

たくさんの想いが詰まったアルバムだから

ヲタはやられてしまったのです。

 

SMタウンのBoAちゃんとのSwingのコラボも

2人のダンスバトルとも言える最高の最高のパフォーマンスのかけ算に

ヲタは恍惚状態で…

ダンスしながらのエスコートの仕草や

信頼関係とか

嫉妬と称賛が入り混じってフリーズでした。

 

 

柔らかくてしなやかでトロケルほど艶っぽくて

指先とかどうにかなりそうなほど色気があって

目を閉じたらコッチは撃沈。。。(笑)

ライオンみたいな表情で挑んでくるし、

弓矢のようにピーンと張った緊張感、

しなりと強さとキレ

 

ソロアルバム

Blue Jeans の今まで聞いたことのないユノの強い音色に驚いたり

Whyのメッセージが込められている不思議な声とか

Chage The worldの優しい声色…

 

 

XVコン

 

15年で培った圧倒的な個性、究極の東方神起らしさをしっかりと守りつつ、未来への鍵を開ける挑戦も果たした、いわば伝統と革新がミックスされた一枚だ。

「東方神起の過去・現在・未来を全部感じられるアルバムになってると思います。
15周年という節目だから、東方神起だけが持ってる武器を守っていかなくちゃっていう思いがありつつ、未来の東方神起をどのように見せられるかっていう宿題も課すような作品を今のタイミングで出したかったんです」
(ユンホ)

東方神起オフィシャルサイトより

 

 

今できることのその先までイメージして

魅せようとしてくれるから

余裕なんて全然無いはずだけれど

ユノはバージョンアップしているように感じる。

(個人的見解です)

少し違う。

責任感とかリーダーとしてはもちろんあると思うけれど

ソロをやったことで感じるグループの意味!?

前に出るだけじゃない

かけ算や引き算や足し算♡オマケに割り算もしておこぉ〜。

風格が見えるのかな…

 

 

いつも期待を裏切られる。

こんな感じかな!?って思うソレ以上のステージを魅せてくれるから

期待を裏切られるなんてレベルではなくて

御見逸れしました…(古い言葉です(笑))

大変失礼致しました(@_@;)

想像以上 って毎回思う。

 

 

”終わりよければ全て良し”

諺があるでしょ。

その反対は、途中どんなに頑張っていても

最後がダメなら結局ダメ ということ。

分かってもらったとしても認めてもらえない。

そして終わりを良くするためには

過程はもっと重要

ユノはそれをよぉ〜く知っている★

 

仕事なら普通によくあること。

 

 

XVコンのオープニングはどんなかなぁ〜

曲は何!?

衣装はシンプルでSexyで無駄な装飾は要らなくて

歌やダンスを邪魔しなくて個性を最大限に魅せてくれるのがいいな♡

オトナなスーツ系と

ハード系と

ラフ系 の3種類か。。(笑)

 

ねえ、

考えただけでも

緊張して手が冷たくなってくる。

ドキドキするから

ペンラのスイッチの確認とかして気を紛らわせないとね。

 

語り尽くせない

2人の2019。

フィナーレがこれから始まる。

私達が知っている

昨日までのユノとチャンミンはすでに過去になって

1番新しい2人が11/9 福岡から始まる。

 

大騒ぎして

いっぱい応援して

一緒に楽しみたいと思います!!

 

★チャンミン2019はコチラ

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

ハングル時々トン活

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事