ユノの中で今世紀最大のお気に入りのソロアルバム『TRUE COLORS』

全曲聴いて

放心状態。。

鳥肌もののアルバム。

すごくいい

 

そうよね、ユノが出すソロアルバムだもの

最高の出来上がりになるのは決まってる!!

だって、

1ヶ月半位は、睡眠2時間で頑張ったって言ってたと思う。

 

にしても

たまらなくヨイわ。

 

 

ショーケースで、ソロアルバム『TRUE COLORS』について

嬉しそうに、話すユノが誇らしくて愛しくて

MCのパクさんとの楽しい会話で大きな声で笑うユノが

本当に最高で♥

一曲一曲、エピソードや思いを

やさしくて、甘くて、低い声でゆっくり、語ってくれた。

ソレを聴いたあとのアルバムは

音源はもちろんのこと

曲の裏側を感じながらヒシヒシと心に響いてきて

感動して泣けた(T.T)

 

ショーケースのユノの言葉をざっくりですが…まとめてみました。

★囲みの中の注釈はより引用しています。

 

01.Follow

 

[TRACK COLOR: SILVER]

歌詞:Yoo、Young Jin

作曲・編曲:Thomas Troelsen / Yoo、Young Jin

 

今までが熱いダンスの曲だとしたら、今回は”冷たいパンチがある感じ”(!?)で表現したかったです。

サウンドに力を入れた。

最後まで作業をした。イ・スマン先生にも直接伺って話し合った。

それほど力を入れた。

夜明けの5時半ごろにも手を出してくださったり

Thomas Troelsenにも本当に感謝しています。

 

アルバムを作るのに約1ヶ月半の間、2時間ずつぐらいしか寝ていません。。

ファンたちの応援に色んなコンテンツで答えたいと言って

もう少し待って、俺が全部見せてやるから!と思って一所懸命作りました。

今のありのままの姿を表現しようとした。

タイトル曲「Follow」は注文を覚えるようなイントロナレーションと静かな前半メロディが緊張感を醸し出すポップダンス曲で、「金属」のパーカッションと「冷たい質感」のシンセサイザーが作る暗く、Groovyなムードがユノのキレのあるパフォーマンスを連想させ、自分の致命的な魅力で相手をひきつけるという内容の歌詞にソロアーティストユンホの抱負を込めて目を引く。東方神起「呪文-MIROTIC」、シャイニーEverybody」、f(x)」NUイェピオ(NU ABO)」など多数のヒット曲を作ったSMエンターテイメント代表プロデューサーユ・ヨンジンと世界的なプロデューサーThomas Troelsenのコラボレーションで誕生してもいい反応が期待される。

02.Blue Jeans

 

[TRACK COLOR: BLUE]

歌詞: 황유빈

作曲・編曲:최진석 / Andrew Choi / 오승은 / Andreas Baertels

 

これが最初の曲。Blue

このアルバムでは試してトライしています。

他の人になってみたり、いろんなことの集合体がこの曲。

ブルージーンズを着た女性を考えながら作った曲。

パクさん:あ’’〜!!って(唸り声みたいな)声が出ていますね?

※ココはウケてたな。

色んなことをして真剣に作ったポイントですね。

 

「Blue Jeans」はファンキーなリズムギターと808ベースの破格的な出会いが引き立つFunkジャンルの曲で、歌詞には「ジーンズ」がよく似合う異性に敬意を込めて聞く楽しさをよりし、ユノの多彩な唱法を満喫することができている。

03.Swing

 

[TRACK COLOR: RED]

歌詞: 이스란

作曲・編曲:Jay Putty / Kyle Lampi / Josh Bertram / Jacob Plough / Greg Haimandos / 김연서 / SQUAR

BoAと一緒に何回もフィーチャーして作った。

シカゴハウスのバタフライ(曲?)に近い感じを探していて、

この曲を女性が歌ってくれると良いなと思い

BoAにお願いした。

ワイン…”赤”のイメージを入れました。

パクさん:デュエットだから甘い感じになると思ったら

大人っぽい感じの歌ですね〜

「Swing」はミニマルな構成の楽器音と4/4拍子のドラム演奏が調和したオールドスクールシカゴハウス風のダンス曲で、歌詞には、お互いの心を確認する男女のきわどい感情線を「真っ赤なベールを剥ぎ取り」という感覚的な表現で描いた。ユノの先輩であり、12年来の友人であるアジア代表ミュージシャンBoAがフィーチャリングで参加し、二人の素晴らしいボーカルハーモニーが曲の魅力を一層倍加させる。

03.불러 (Hit Me Up)(Feat. 기리보이)

 

[TRACK COLOR: ORANGE]

歌詞: 기리보이 / 김문숙 (Jam Factory)

作曲・編曲:Greg Bonnick & Hayden Chapman aka LDN Noise / Ebenezer

 

カシオペアが

불러 (歌って!)ってうたってくれればいいな!!って

街をライトでオレンジに塗って楽しいパーティの感じを出した。

ギリボーイが爽やかでやさしくて純粋で愉快な姿をみせてくれました。

たのしかったです。

お互い純粋で、この歌がとても似合う。

純粋な曲。

불러 Hit Me Up)」は、Groovyしたベースラインが印象的な押しディスコ風のポップダンスナンバーで、歌詞には眠りに落ちる嫌な夜、一緒にドライブを残すう誘惑する恋人の率直な姿を盛っており、ラッパー ギリがフィーチャリングに参加して「オレンジ色の光」街灯が点灯している夜間の道路を「オレンジ絨毯」で気の利いたように表現する、曲の軽快で明るい雰囲気を極大化した。

05. 왜 (Why)

 

[TRACK COLOR: DARK GRAY

歌詞:Kriz

作曲・編曲:jane / Kriz

最初はなかったけれど歌いたい!と思った曲。

TVXQ!のWHYとはちがっていてJerseyな雰囲気

ユノの新しい面を見せたくて

現代人の憂鬱な雰囲気、グレーを出したかった。

静かなメロディで心の寂しい感じを表現した。

「왜 (Why)」は、大胆に登場するベーススラップ演奏とねじれ形の解体主義的なソースが引き立つネオソウル/アーバンR&B曲で、都会的な曲の雰囲気に自助よう低めに吐き出すメロディーが心の深いところに孤独感と寂しさを抱いて生きていく現代の都市に「灰色」共感を起こす。

06. Change The World

 

[TRACK COLOR: WHITE

歌詞:Yoo, Young Jin

作曲・編曲:황찬희 / Simon Petrén/Simon Petrén

 

パクさん:ユノっぽい曲ですね。

アルバムと音楽ファイルが違う。

イ・スマン先生にアドバイスされて

完璧を求めて変えた。

※イスマン先生のマネして、カシちゃんたち大騒ぎ★

自分の生き方に似ていて気に入っている

ありのままの自分を伝えたくて。。

「Change The World」は、「私たちは皆平凡だが、当然の価値を守り、新しい世界を作ろう」というメッセージを込めたミッド・テンポのポップバラード曲で、いつものユノが見せてくれた線、肯定的なエネルギーが歌詞に投影されており、聞く人に真正性のある響きをプレゼントする。ワルツのリズムに行われる「純白の「童話的な雰囲気のブリッジで最後のサビに進みながら登場するユノのアドリブが印象的だ。

全6曲。

ステージで見たい。

 

空気を破壊的に塗り替えるユノのステージ、”Follow” 熱い掛け声!!

チョン・ユンホの”WHY”をステージで見てみたい。

BoA姉さんとのコラボの”SWING”

大好きなBoAの声とユノの声、

シカゴ・ハウスっぽいものを作りたくて

声をかけたのは全信頼をおく魅力的な先輩BoA。

この曲でBoAとのダンスのコラボを考えるとゾクゾクする。

絶対見たい。

 

編曲のセンスの良さはステキとしか言いようがない。

アルバム最後の”Change The World”

構成も完璧。

6/12までのユノのすべてが入っているのね。

 

 

思うんだけれど…

”True Colors” のユノは

ユノの中では過去の出来事になっているのではないかと。

自分だって、昨日の自分は過去の自分だから。

一ヶ月前の自分はもう本当に過去。

 

1ヶ月半、睡眠2時間でソロアルバム制作に挑んで

(シャープに絞っていたのはあるけれど睡眠2時間なら痩せちゃうね…)

6月12日に14:00(プレス)、20:00 ショーケースで

アルバムをお披露目して

今はテレビなどメディア。

 

今はすごく忙しく動いているけれど

きっと次のことを考えて(ソロコンとか!?)

アジアツアーも今月末から控えているから

立ち止まってはいないユノ。

 

ユノが用意してくれた極上のステージを

ただただ放心状態で見つめるペンだけれど

置いていかれないように

ついていくから…(#^.^#)

 


ブログに来ていただいてありがとうございます。

ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事