東方神起WITHコン

▼ふふっ… とりあえず6年前の船上〜イケメン2人。

10周年、アルバム『WITH』リリース記念(2015.12/17リリース)

水上バスHOTALUNA お台場にサプライズ出現の一枚〜♫

 

 

16周年の中でやっぱり外せない

くぎり、ケジメの10周年。

入隊前、旅立ちの前の日本ツアー。

『WITHコン』

 

ナミダ(T_T)の10周年

東方神起、10周年ツアーが涙のファイナル。「本当に幸せでした。必ず戻ってきます。」

 

海外アーティスト初の4年連続、そして自身2度目となる全国5大ドームツアーは、全5カ所16公演で全75万人を動員。さらにファイナル公演は7万5000人を動員するライブビューイングも実施され、計82万5000人が彼らのライブを目撃したことになる。

ツアータイトルは<WITH>。これはもちろん、2014年12月にリリースされた彼らのアルバムタイトルで、「ファンとともに歩んだ10年を感謝するとともに、これからも一緒に歩んでいきましょう」という思いを込められていた。そしてライブは、10周年を振り返るような最新のヒット曲から往年のヒット曲までが並んだ。

18時。客電が落とされ、レッドオーシャンが東京ドームに注ぎ込まれる。オープニング映像はカーチェイス。そして大爆発とともに、「Refuse to lose」のファンファーレが鳴り響き、ステージには映像に登場したクラシックのスポーツカーに乗り込んだユンホとチャンミンが姿を見せる。チェッカーフラッグ柄のジャケットの裾が揺れるたび、悲鳴にも似た歓声が東京ドームを満たしていく。

 

超巨大なスクリーンを中心に構築されたセットが目を引いた本ツアー。しかし、今回も大掛かりな装置が各所に隠されていた。2曲目「Spinning」では、ステージの先端だと思われていた部分が、円弧を描くように客席の上をゆっくりと動き始める。約60mの旋回ブリッジは、中央で花道へと変形し、センターステージにふたりとダンサーズを運んでいく。そうかと思えば、このセンターステージにもLEDが仕込まれており、サウンドに合わせて輝きを変える。

迫力のシャウトとパフォーマンスで観客を圧倒する「Why?(Keep Your Head Down)」。ミラーボールも登場してのディスコチューン「Choosey Lover」では、カメラにおどけたり、セクシーな腰使いを見せたり。そんなふたりに観客も思わず大興奮。

「東京ドームのみんな、元気でしたか? みんなのユンホです。東京ドームのファイナルです、みんな、気合いはちゃんと入ってますか? 後ろにいるみんなも気合い入ってる? 僕、ユンホも思いきり暴れると思います。ここにいるみんなも、覚悟してください。今日が、今までの中で一番ヤバイかも。」── ユンホ

「みなさんこんばんは、チャンミンです。やー、あの今日はですね、今年のライブツアー、最終なんですけど……寂しいですよね。だけど、寂しい気持ちを忘れるために、ここにいらっしゃってるみなさんも、盛り上げていきたいと思います。今日は張り切っていこうじゃありませんか! (大歓声) いい感じですね。じゃあ、あの、寂しいですね。でも、ユンホが言ったように、暴れていきたいと思いますので、よろしくお願いします。」── チャンミン

「チャンミンが言ったように、今日もひとつ、よろしくお願いします。」と、深くお辞儀をするユンホ。そして、「Baby, don’t cry」「Believe In U」とミドルテンポの楽曲を並べて、その歌声でオーディエンスひとりひとりを木漏れ日のような温もりで包み込む。

荘厳な図書館のような部屋で繰り広げられる、映画のワンシーンを切り取ったかのような映像演出を挟んで、「No?」で、東方神起は東京ドームを音と光が戯れるラグジュアリーな空間へと変えていく。そうかと思えば、「Answer」では、会場のいたるところを切り取るレーザーとともに、センターステージかと思われていたテレスコリスターが高さ8mまで上昇し、客席の頭上を抜けてふたりを後方まで運んでいく。メインステージから一番遠い席が、ステージの最前列。そんな興奮の演出と「東京ドーム、盛り上がっていくよ!」とユンホの掛け声で、会場は一気に熱狂。そのまま「DIRT」で、ふたりが力強さとお茶目な仕草を交互に見せたならば、ファンのボルテージは暴発一歩手前。割れんばかりの歓声が巻き起こり、赤い光が激しく波打つ。そして「Time Works Wonders」での、肩を抱き寄せるようなやさしい歌声で、このブロックを締めくくったのだった。

コミカルな東方神起の映像を挟んで、ファンキーなギターリフとともに、赤いライダースからブラックとゴールドの衣装にチェンジしての「Special One」。「Before U Go」では、指の先にまで感情を込めて、まさに熱唱。チャンミンのハイトーンでのシャウトが、張り裂けそうな切なさを醸し出す。

そしてここからMCコーナーへと突入する。「やっぱり今日が一番あついねー。」「そうっすねー。」というふたりの軽い掛け合い。なぜかライブビューイング会場と謎の交信を始めるユンホに、「何も聞こえない……」と、実に正しいことを言うチャンミン。しかし、ユンホが「会場のみなさんの笑ってる顔を観れて、ほっとしました。」と語れば、チャンミンも「映画館の方々も、一緒に楽しんでくれていると思います。」とコメント。この日、残念ながら東京ドームには行けなくとも、遠く離れた場所でライブビューイングで鑑賞していても、東方神起 WITH ビギスト。あらためて<WITH>というタイトルの意味を感じさせるさり気ない一言でもあった。

アルバム『WITH』の話の後には、「今年、2015年で、ですね、なんと、僕たち東方神起が日本デビュー10周年を迎えました!」とチャンミン。大きな歓声を受けて、「自分たちの口から言うのは恥ずかしいですけど、10周年って、決して短い時間ではないから、すごいと思いますよね。」と、言葉を続ける。ユンホも、「ほんとに、みなさんとともに、小さいステージから上がってきて、このドームのステージができるようになりました。ほんとにこれはですね、見えないところで頑張ってくれるスタッフさんと、みなさんのおかげだと思います。」と、感謝の気持ちを述べる。

さらに、バンド演奏ありのスペシャルバージョンで、どぶろっくの「もしかしてだけど」に、ユンホからは8.6秒バズーカーの「ラッスンゴレライ」。さらに「2の倍数で大滝秀治さんになって、3の倍数でブルース・リーになって、そして5の倍数でマイケル・ジャクソンになります。」と、やりたい放題の(毎回恒例の)ネタコーナーに。「そうですね。」と、クールに拍手していたチャンミンにもネタを振ろうとするユンホ。すると、「次の曲にそろそろ行かないといけないんで、みなさんがご存知だと思う曲を軽く、一瞬だけ歌っていいですか。」と、チャンミンが「Forever Love」をアカペラで披露する。そしてコーナー最後は「はい、わかりました。」と、ユンホが再びラッスンゴレライでぶった切って、無事に(?)締めくくった。

「Duet」「どうして君を好きになってしまったんだろう?」といった懐かしいナンバーでは、客席がレッドオーシャンだけではない顔を見せていく。今回のライブでは、遠隔操作で色が変わるLEDが内蔵されたリストバンドが観客に配布された。これにより、楽曲によって客席は様々な色に変化し、<WITH>というタイトルが付けられた今回のツアーにふさわしい光景を生み出していく。ライブはステージ上だけで作られるのではなく、客席のひとりひとりも含めたみんなで作り上げるというのを気づかせてくれる、そんな演出だ。

「Humanoids」からは、再び会場のボルテージを一気に引き上げる楽曲が並ぶ。東方神起のふたりも、眩いばかりのピンクとブルーのジャケットを羽織ってステージを走り回れば、「Break up the shell」「High Time」のメドレーでは、フロートに乗って会場を一周しながら、歌って踊ってフリスビーを投げ入れてノリノリ。ユンホが客席にマイクを向けて煽れば、チャンミンからは笑顔が溢れる。そのままステージは「I just can’t quit myself」で93人の大量のダンサーを投入してお祭り騒ぎへ。チャンミンも上着を投げ捨てて、シースルーのインナーから鍛えあげられた大胸筋を覗かせた。

そんなお祭り騒ぎの雰囲気をガラリと変える「Love in the Ice」。目を閉じて想いをぶつけるように熱唱するチャンミンのほうに体を向けて、その様子を目に焼き付けるように歌い上げるユンホ。集まった5万5000人のファンは、そんなふたりの姿をじっと見つめ、やがて、まるでドームの屋根が激しい雨に叩かれたかのような大きな拍手に包まれた。

バックバンドとダンサー紹介映像を経て、真っ白いシーツ姿に着替えたユンホとチャンミンがステージに飛び出してきて「MAXIMUM」。和傘を用いた振り付けも取り入られ、存分に魅せるステージに会場からも大きな声援が送られる。そして今にも昇ろうとする燃える太陽が大型スクリーンに映し出される。本編最後の曲は、火柱も上がっての「Rising Sun」。この曲が収録されたシングルがリリースされた2006年、東方神起は歌詞にあるように、<遠いがかすかに見える光>を追いかけている途中だった。

そして2015年、その光は東京ドームを埋める5万5000個の光へ。いや、本ツアーとライブビューイング合わせて80万人以上が作り出す強い光になったのである。

「東方神起」コールに後押しされて、アンコールはバリバリのアッパーチューン「B.U.T(BE-AU-TY)」からスタート。そして「アンコールもらって出てきたんですけど、あと数曲しか残ってないですね。」とチャンミンがつぶやけば、ユンホは「寂しいですけど、みなさんいかがでしたか? 本当に懐かしい曲も歌っているんですけど、みなさんはどの曲が好きだったですか?」と、呼びかける。5万5000人が一斉に自分の思い思いの楽曲のタイトルを叫ぶため、「声を合わせて。」と明らかに無理な要求を出しつつも、ユンホは「東方神起の曲は名曲がいっぱいあるから、いつか全部歌います。」と、観客に約束。そしてバックステージの映像など今までなかった演出に触れて、「今回のライブが、東方神起にとって意味のあるライブだから、あそこにいる(舞台演出を手がけたTRFの)SAMさんもたくさん悩んでたし。みんながひとつになって。……よかったですか?」と、口にする。

次の曲は、2月25日にリリースされた最新シングル曲「サクラミチ」。「4月は卒業もあるし、新学期もあるし、就職など、あらたな出会いがあればお別れもある時期だと思うんですけど。もちろんこの(東方神起の)ふたりも含めて、いろんな不安を抱えていくと思うんですけど、いろんな方々が、それぞれの状況に思い当てて聞いてほしい曲です。」と、ユンホが語れば、チャンミンは、「あえていえば、このふたりの今の時期にもふさわしい、そういう曲じゃないかなって思うんです。ふたりの物語だと思って、歌えると思います。」とポツリ。30歳までに兵役の義務がある韓国。発言がそれにまつわることを示しているのは明白だった。

そしてふたりは、様々な思いを胸に抱いて「サクラミチ」を披露する。声を重ねて、じっと前を見据えるチャンミンと、うつむき気味で切々と歌い上げるユンホ。続く「With Love」では、ふたりへのサプライズとして、ファン、そしてこれまで東方神起のライブを支えてきたスタッフたちの写真とメッセージがスクリーンに映し出される。さらに客席に目をやると、そこには「TOHOSHINKI 10YEARS」の文字。感極まったチャンミンは、まつ毛を濡らし、目を赤くして歌う。一方のユンホは、涙を堪えるようにギュッと目をつぶって歌唱する。やがて起こる大合唱は、ユンホからの「もっと大きな声で!」の求めに、さらに大きなものとなる。そして、「みんな、本当にありがとーー!!!」と、もう目を開けてはいられないユンホは絶叫し、マイクは彼の嗚咽を拾う。スクリーンに映し出される「With Love」の文字の下で、顔を手で覆って号泣するユンホに近づくチャンミン。そしてチャンミンはそっとユンホの肩を抱いたのだった。

「実は昨日もちょっと泣いてたんで、今日は絶対泣かないって約束したんですけど、僕は、泣きたい瞬間があってもずっとずっと我慢してたんですよ。で、一番幸せなときだけ泣きますって、言ったんですけど、みなさんのおかげで今日は本当にしあわせでした。そして、これをいつ言うか悩んでたんですけど、実は、東方神起の単独ライブ、ツアーは……しばらく会えないと思うんですけど、ほんとに、今まで応援してくださった方、ありがたいし、すぐこのふたりで戻ってきて、みなさんの前で会うから。だから、元気よく、待ってください。僕が『ただいま』って言ったら、みんなで『お帰り』って必ず言ってください。」── ユンホ

「あの、スタッフの仕業で……。そうですね。ライブをやっていると、音響的にシステム的に、話をしてて、僕が文句ばっかり言ったり、ちょっと怒ったりもしてたんですけど、そういうスタッフの方も、笑いながら写真をとってくださっていたのを見て、なんか、俺、本当に情けないなぁと思って。いつも、移動とかしてると無表情の方々が泣いてる姿を見てると、悔しいけど涙が出て。また、あらためて、スタッフの方、ほんとに、わがまま、勝手なことを言いまくって、本当に今まで申し訳なかったと思います。しばらくはですね、東方神起の単独ライブとしては会えないんですけど、また元気で、戻ってくる場所が、ここ東京ドームかもしれないし、違う場所かもしれないんですけど。いや、未来のことは誰も知らないので。また会える場所が、できればここ東京ドームで、みなさんと再会できたら嬉しいなと。そして、あまり子供の頃に夢自体はなかった少年に、夢を作ってくれたSMのイ・スマン先生もそうだし、SMエンターテインメント、そしてエイベックス、そして何よりもスタッフの方はもちろん、ここにいらっしゃってる韓国のカシオペアの方々もそうだし、日本のビギストの方々も。夢を作ってくださって感謝しておりますし、みなさんに出会ったのは、僕の人生の中で大切な、大切なプレゼントだと思います。本当に幸せでした。必ず戻ってきます。」── チャンミン

深く一礼をし、ステージを去る東方神起。観客の涙まじりの大歓声を背に受け、ユンホは唇を噛み締め、拳を高く掲げて、ステージの奥へと消えていった。

エンドロールが始まる。こうして、東方神起の10周年を記念したツアーは幕を下ろした……かのように見えたのだが、そのエンドロールに、突然、ノイズが走る。さらに「これで終わりだと思った?」の文字。そして、再び東方神起が、今度はグラウンドに降りてきて「ウィーアー!」。ユンホも「ラッスンゴレライ」言いまくりの「We are T」のコールしまくりの大盛り上がり。さらに曲は「Somebody to Love」へとつながる。涙ではなく、笑顔で、力強く目一杯手を回し、ユンホからは回し蹴り3連発も。「ありがとー!」と再度絶叫して天を仰いだユンホと、裸になって全力で客席に応えたチャンミン。

「みんな、We are T! また会おうよ。」

そう残してステージから消えたふたりの背中には、いつまでも続く「東方神起!」コールが聞こえていたことだろう。

終わることないコールの中、もう一度エンドロールが流れる。ところが、今度は5万5000人の「東方神起!」コールが東京ドームに奇跡を起こす。まさかのエンドロール2度目の中断で、事前配布されたセットリストにも載っていない、トリプルアンコールが実現したのだ。

「最後にですね、もう1曲。ほんとに最後だから! できれば“時間を止めて”もうちょっといたいなぁ、と。」というチャンミンの曲紹介で、10周年記念ツアーの本当に最後に披露されたのは、「時ヲ止メテ」。終わりに近づく時間を惜しむように、気持ちを込めて、体を震わせて力の限りで熱唱した東方神起。そんな姿を最後に、涙のツアーファイナルは幕を閉じた。

 

text by ytsuji a.k.a.編集部(つ)

 ※BARKSより

 

 

 

 

★セトリ

1.RefusetoLose
2.Spinning
3.KeepYourHeadDown
4.ChooseyLover
5.Ment(オープニングコメント)
6.BabyDon’tCry
7.BelieveinU
8.VCR
9.No
10.ANSWER
11.DIRT
12.Survivor
13.TimeWorksWonders
14.VCR
15.SpecialOne
16.BeforeUGo
17.TalkTime
18.Calling
19.Duet
20.どうして君を好きになってしまったんだろう。
21.Chandelier
22.VCR
23.Humanoids
24.Break Up The Shell
25.High Time
26.I Just Can’t Quit Myself
27.Love in the Ice(日本語Ver)
28.VCR
29.Catch me
30.Maximum
31.Rising Sun
~~アンコール~~
32.B.U.T
33.サプライズハピバ
34.サクラミチ
35.With Love
36.Last Ment(グッバイコメント)
~ダブルアンコール~~
37.we are!
38.Somebody to love

 

節目の10周年。

入隊前の日本ツアー『WITH』コン

 

ツアーの出来は最高にイカしていて

Spinning→KeepYourHeadDown→ChooseyLover

って

とにかく泡吹きそうで〜(笑)

BeforeUGo
TalkTime
Calling
Duet
どうして君を好きになってしまったんだろう。

相変わらずの神セトリ(・・;)

間違いない…!!!!!!

 

時間の経つのも忘れて

2人にぐいぐい攻めまくられて

Catch me
Maximum
Rising Sun

と誘われて…

アンコール(・・;)、、、、

 

やはり、無情にも

時間は過ぎていくのよね。

いつの間にか

 

旅立ち前の切ない切ない…

ドーム丸ごと

大泣きしたツアーということは覚えています(T_T)

(トン活ブログはまだ始まっていなくて…レポ無いのが残念)

 

ポロポロ落ちてくる涙もそのままに

赤いWITH Tシャツを着て

ステージに立って歌い続けるユノが忘れられない。

その横でユノの肩をポンポンしている

チャンミンのコトも覚えている。

 

 

除隊後、

日本や韓国の番組で”あの場面の映像”が流れると、

少し照れながら

それでも隠そうともせずに

堂々としているユノを見るのが好きで

”過去に何一つ後悔すること無く

その時を精一杯生きている証を懐かしむ…”ように

子供のように笑うユノを見る度に

キュンしてたわ(笑)

こっちも照れたりして…

チャンミンは少し困った表情しながら

やさしい笑顔してるのよ。

 

一つ一つを

乗り越え乗り越えの

15周年最後の日です。

 

 

『おかえり』を言うために…

待ってる って誓った

10周年、

今も全く同じ気持ちだよ。

 

16周年は明日。

D-1!!!

 

画像をお借りしました。ありがとうございました。

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事