東方神起bubble50日記念

今日はbubble50日の記念日です。

忘れずにbubble開いてみてください!!!!!

(※bubbleを登録してからの日数です)

 

 

BeyondLIVEランキング

 

この週末は

”東方神起祭”でしたね。

BeyondLIVEマルチカム解禁と

TiktokLIVEで

活気あふれるトン界、大騒ぎ!!!!

TVXQワールド

楽しかったです。

 

BeyondLIVEの視聴ランキング

東方神起は好成績を収めています。

 

▼デイリーランキング

 

▼週間ランキング

▼月間ランキング

 

東方神起BeyondLIVE VODが公開されたのが1ヶ月前

今でもランキングの上位をキープ

月間ランキングでは1位です!!!!

ユノ、チャンミンのマルチカムは

公開されたのが3日前。

ディリー、週間ランキングとも

2人でワン・ツー占めています。

 

して…実はこれは日本のランキング。

世界ランキングとなると

少し順位が変わってきます。

韓国、中国、アメリカ、タイ、ブラジル、香港…

16カ国、国別のランキングも確認できます。

 

BeyondLIVE

たくさんのアーティストがLIVEやイベントをする中で

東方神起は圧倒的に

日本での人気が強い!!!

他国に比べて群を抜いています。

ビギスト♡頑張っています(#^.^#)

 

 

▼ランキングはコチラ

VLIVEランキング

 

BeyondLIVE 明日は来るから

 

2006年3月8日リリース

作詞:小山内舞
作曲:妹尾武

★歌詞はコチラから

 

 

BeyondLIVE

ドームツアーを見ているような

セトリの構成にグッとくる。

MCの後の『明日は来るから』

 

クジラが悠々と泳ぐ演出も素晴らしかったけれど

それ以上に

2人の歌の巧さに聞き惚れて

マルチカムで見る

飾らないアーティストの姿に

ただただ見つめるだけで精一杯の

胸が締め付けられる程の

愛しさが

込み上げる時間。

 

マルチカム万歳です。

 

マルチカム

 

『次の曲も日本の曲を用意しました。

ご存知の方も多いかと思いますけれども

”明日は来るから”です。

みなさん聞いてください』

 

二人の笑顔が映し出されて暗転

始まる。

 

鼓膜彼氏

鼓膜だけじゃなくて

心臓まで鷲掴みにする♡

 

 

全神経をイヤホンから流れるイントロに集中して

ユノのハミングから始まる、、

 

耳元にフワ〜ッと舞い降りる

丸く優しいユノの音色

最初のパートを歌い終わって

チャンミンの声をうなずきながら聞いて

微笑むユノの表情が

優しくて…

チャンミンの声も

ユノの歌の一部みたいに

全信頼を置いて一つの歌を作っているのが

感じられる。

 

マルチカムは全身が映らないけれど

バストアップのカットが

二人のリアルな表情を捉えていて

穴が開くほど(笑)真剣に見入ってしまう。

マイクに添える指先の小刻みな動き、

パートで歌い出す前の

そっと息を吸うタイミング

口の動き

 

少し下を向きながら、ユノのパートに耳を澄ますチャンミン、

前を向いて時折微笑みながらチャンミンのパートを噛みしめるユノ。

 

目を閉じて気持ちを乗せて

響かせるチャンミンの声色

 

思いの丈を込めて

綴るように

まるで叫ぶかのように届いてくる

ユノの思い。

 

はるかな (宇宙の片すみにいて)
はるかな (想いをはせる)
奇跡と呼びたいこの気持ちを
ただ君だけに伝えたいよ
何度も何度も立ち止まりながら
笑顔と涙を積みかさねてゆく
ふたりがあるいたこの道のり
消え去ることはないから
雨降るときには君の傘になろう
風吹くときには君の壁になろう
どんなに闇の深い夜でも
かならず明日は来るから
君だけに伝えたいよ
かならず明日は来るから

 

クジラが広い海原を泳いでいたことも

すっかり忘れて

マルチカムに魅入る…

 

黒いシースルーも

かなりツワモノで

胸筋が透けて見えてたりして…♡

次に迎える

ユノとチャンミンのソロステージのことを

すっかり忘れてしまい、、、

 

歌詞では伝えきれない

沢山のメッセージが

マルチカムから伝わってきて

気持ちが飽和状態になってしまって

涙腺も飽和状態になりました。。。

 

 

BeyondLIVE

東方神起の『明日は来るから』

最高です。

 

 

▼0:55位から”明日くる”です。

TVXQ BeyondLIVEコチラから

 

ブログに来ていただいてありがとうございます。
▼ぽちっとぽちっとよろしくお願いいたします(*’ω’*)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事